2010年06月05日

お前とは相性いいと思ってたのに…ショック

「あ、ほも」と呟いた瞬間。16
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1273322236/l50
@801板

309 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/06/04(金) 11:44:21 ID:uYaHhabt0
ラーメン屋にて。あ、ほも。というよりアホなほも
大学生と思われる三人組

A…茶髪、かわいい系フツメン
B…ボウズ、かなりのイケメン、メガネ
C…黒髪短髪、長身、結構イケメン

食事中の三人組

A「あれ?煮たまご食べないの?」
B「んーん、食うよ。あとから食うの。とってあんだ」
A「そうなの?オレ嫌いなものから食べる派だから…」
B「うそっ、オレ好きなもの最後に食べる派」
A「えー!お前とは相性いいと思ってたのに…ショック」
B「なー、こんなに仲いいのになー」
C「…お前ら見てるオレが一番ショック受けてるよ」
A「あっ」
B「違う違う!Cも!Cも好き、仲良し!なぁ!?」
A「うんうん、Cも好き!オレたちC大好き!」
C「…もういいからやめろ」
B「好きだから!ちゃんと!」
A「トゥキダカラー!」
C「や め ろ」

AB、よく思い返せ。それは一緒だ


posted by moge at 14:59 | Comment(13) | なかよし

2010年05月29日

なんか甘酸っぱさが広がった

「あ、ほも」と呟いた瞬間。16
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1273322236/l50
@801板

33 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/05/12(水) 23:29:54 ID:sWJ5l4IhO
AB二人とも中肉中背の、学ラン黒髪(Aミディアム、B短髪)
自転車で信号待ち中

A「うどん食ってかない?」
B「んー」
A「腹減ってないの?」
B「減ったけど、家に飯あるからなあ」
A「ふーん…」

数秒後

A「ぶどういっぱいあるって言ったらウチ来る?」
B「んー…行こうかな」


Aの口調になんか甘酸っぱさが広がった
posted by moge at 00:33 | Comment(20) | なかよし

…撫でても大丈夫ですかね?

「あ、ほも」と呟いた瞬間。16
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1273322236/l50
@801板

180 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/05/27(木) 03:38:53 ID:cKS1dJCM0
おっさん萌えに目覚めたかもしれない

A( `_ゝ´)→ジェノサイダーAという名を献上されるほど厳しい教授。
メタルフレームの眼鏡でやせ型、白髪交じりの髪。

B(´∀` )→地蔵という名を献上されるほど穏やかで優しい先生。
背が高く、大きな丸眼鏡の奥には優しい瞳。

うちの大学の構内には何匹も猫が住み着いてる。
猫たちにもそれぞれ個性があって

黒:誰でも撫でさせてくれる 
茶トラ:気が向いたときは撫でられても良い
三毛:嫌

と、撫でさせてくれるかは相手をよく見ないといけない。

ある日、早めに講義が終わったので時間つぶしに猫を見に行くと、B
教授がしゃがんで茶トラを撫でている。
周りには黒も三毛も寝そべっていて、B教授は実に幸せそうにしていた。

撫でにいきたいけど順番かなwと
近くのベンチに座って待っていると、そこにA教授までやってきた。

( `_ゝ´)「おやBさん、猫ですか」

(´∀` )「ええ、可愛いですよー、ふふふ^^」

(* `_ゝ´)「……撫でても大丈夫ですかね?」

(´∀`*)「大丈夫ですよ。ふわふわです!」

そーっと手を伸ばすA教授⇒迷惑そうな顔で逃げ出す三毛

あぁ三毛は撫でさせてくれないのに……と思っていると、A教授は「あぁ……っ!」と
世界が終わったような声を出した後、くるりと振り返った

(;Д;)「嘘つき! Bさんの嘘つき!! 逃げちゃったじゃないですか!!」

(´∀`*)「あははははははwwww」

(#`_ゝ´)「何笑ってるんですか! もー!!」

(´∀`*)「いやおかしいwwwははははははははははwwwww」

この後は「学生と同じで、猫にも人気ないんですかね……」と落ち込むA教授に
B教授がどの猫なら撫でさせてくれるか解説して、最終的に二人で黒猫と茶トラを
撫でて幸せそうにしてた。

B教授は、さっきよりもっと幸せそうに見えた。
posted by moge at 00:29 | Comment(17) | なかよし

2010年05月26日

何を約束したのか

「あ、ほも」と呟いた瞬間。16
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1273322236/l50
@801板

167 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/05/25(火) 22:33:49 ID:Y02scDmDO
A:ドイツ人。眼鏡インテリ系。デカイ。
B:日本人。眼鏡インテリ系。Aと同じ上背だけど細身。

他部署に用事があってお邪魔してる時に、Bが外から帰ってきた。
すると椅子を倒しつつ凄い勢いで近寄るA。
そのままBを思いっきりハグし、抱きしめたままドイツ語で
陽気な歌を歌いつつ左右に揺れる。
一通り歌った後も満面の笑みで時折耳元でドイツ語をささやきながらBを離さない。
Bは伏し目がちに微笑みながらされるがまま。
驚いて2人を凝視してたら部署の人が説明してくれた。

Bが昼休みにAが好きな作家の画集を見つけてプレゼントすることに。

とりあえず本をAの席に置いてB外出

入れ代わりにAが出張から帰社。本を見つけ狂喜乱舞。

Bの帰社を待ってずっとソワソワのA。で、ついにBが来てあの状態。

Bは部署で唯一ドイツ語話せるし、2人は仲が良いんだよーなんて話を聞いてたら
こっちを見たBが部外者(私)がいることに気付き、みるみる真っ赤に。
小声で「A!ダメ!ダメ!」って言って離れようとするけど
笑顔のAは横に首振るだけで微動だにしなかった。

結局BがAに早口にドイツ語で色々言って
Aが「ヤクソクネー」と言いながら離れたけど
何を約束したのか気になった。
ちなみにAは普通に日本語話せるそうです。



ドイツのごはん (絵本 世界の食事)
posted by moge at 23:13 | Comment(28) | なかよし

2010年05月24日

毎朝ティッシュ配りしてるチャラそうなお兄さん

「あ、ほも」と呟いた瞬間。16
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1273322236/l50
@801板

35 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/05/13(木) 01:46:40 ID:zd60OE9hO
あほもなのかはよく分からないけど、

駅前で毎朝ティッシュ配りしてるチャラそうなお兄さんがいる

「俺、東京来たばっかりで右も左もわかんなくて〜だからティッシュもらってください!」とか
「俺のコレ(ティッシュ)どうにかして〜」とか
「今日中にこれなくなんないとクビなんすよ〜」とか

とにかくうるさくてしつこい。
自分はいつもスルーするんだけど、
この前ちょっと白髪まじりのスレンダーなサラリーマンが

「そうなんですか、大変ですね。あ、ティッシュ頂きます。ありがとう」

と律儀に立ち止まってティッシュを受け取っててもえた。
posted by moge at 23:11 | Comment(25) | なかよし

2010年05月22日

寒さに耐えれてへんやん!

「あ、ほも」と呟いた瞬間。16
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1273322236/l50
@801板

114 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/05/21(金) 10:06:53 ID:7/R6DZTc0
乳首で思い出した
学食にて

こないだ昼時から雨が強く降ったので学食は濡れただの何だのでガヤガヤしてた

アロハ・しっかり者。去年の夏アロハ着てたから女の間では影でアロハと呼ばれてる。
小泉・天然でイケメンで関西弁なので私的には萌え対象。小泉孝太郎似なので女の間ではry。

アロハと小泉は仲良くて、天然の小泉をアロハがいじり倒す関係で微笑ましい。
二人は「今、雨ふってるよー」とか言いつつ同じゼミ生の私その他が食べてる横のテーブルに座った。
当然、どんな萌えがあるやらと私は小泉の発言に耳ダンボ。

小泉 「なんで俺こんなビショビショなのにお前無傷なん」

アロハ「お前、相手ばっかに傘傾けてるからw別に俺濡れてもいーのにww
    なにあれ癖?モテるコツ?イケメンマジック?」

小泉 「……もーえーわ。一生、お前とは相合傘せんし。台風とかで雨すごくてもせんし」

アロハ「台風なら傘飛ぶでしょうが」

〜無言で食事〜

小泉 「さみー」

アロハ「え、嘘。なんで?あ、さっき濡れたやつ?!」
アロハ「マジ?やばい。どうしよう、どうする?」

アロハ、見たこともないくらい焦ってオロオロして、こっち見たりする。
私達はなんか普段冷静なアロハのその様子がおかしくて吹いてた。

アロハ「取り敢えず、これ濡れてないし着ろ!」

アロハは上に着てたシャツ脱いで小泉に渡した。
アロハは下に着てたTシャツ一枚になった。

アロハ「俺全然寒くないし、ほら。てかもう帰ろ」

小泉 「あ、アロハの胸、ポチってなってる!
    お前は耐えれてもお前のチクビは寒さに耐えれてへんやん!(笑いながらの大声」

アロハ「や……え……」

アロハ羞恥展開に真っ赤だった。こっち見てた。
でも「いいから着とけ!!」って強引に小泉に渡して、
自分のTシャツずっと指でつまんで乳首浮かないようにしてた。初めてアロハに萌えた。

小泉は、それを見てすごい受けてて「かわええなぁ」を連発しつつ、二人で帰ってった。ゴチです。
posted by moge at 13:12 | Comment(22) | なかよし

2010年05月19日

絵文字ってどうやって打つの?

「あ、ほも」と呟いた瞬間。16
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1273322236/l50
@801板

95 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/05/19(水) 17:02:29 ID:lZMZwWnc0
まさかの父親(50歳)萌え

うちの父はすごい気難しくて、なんにでも理屈こねたがる人。
物凄いめんどくさい(現在、母は単身赴任中)

そんな父が最近会社の同僚とやっとこさ打ち解けてきたらしく(勤続15年にもなるのに)、
特にAさんという部下の人とはよくごはんに行ったりスーパー銭湯行ったりカラオケ行ったりする。

で、今週末も出かける予定らしく、必死にメールを打っていた
父「なぁ、なぁなぁ」
私「なに?」
父「今Aくんとメールしてたんだけどさ、絵文字ってどうやって打つの?」
私「(絵文字…だと…!?)絵文字?お父さんたまにくれるじゃん」
父「もっと違うやつ使いたいんだよ、お前が送ってくれるみたいなの。
  ヒヨコとか、なんかキラキラしたやつとか」
私「(あー…お父さん最初のページにあるやつだけで送ってきてたのか)
  あのね、ここ押すとね、次のページいけるから。6まであるから」
父「おぉ、おー!こんなに!」
私「じゃあはい、自分でやってみて」
父「ここを、こうだろ、で、こうだろー?ほらー」
私「うん、できたね」
父「よーし、送るか……あっ!」
私「なに?」
父「ハートとかあるぞ!おい!」
私「…そりゃあるよ」
父「お前送ってきたことないじゃないか、なんでだ」
私「あー」
父「どれ使おうかな、ハート使おうかな。…う●こがなんで絵文字に…解せんな」

う●こて。
父はAさんにハートを送ったんだろうか…。
posted by moge at 22:36 | Comment(14) | なかよし

2010年05月17日

しっかり掴まっとけよ

「あ、ほも」と呟いた瞬間。16
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1273322236/l50
@801板

62 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/05/16(日) 02:54:37 ID:s12yT4kk0
さっきギリギリで終電逃して迎え待ちしてた時のこと。

A:背の高いチャラ男。甘い顔のイケメン
B:背の低いヤンキー。可愛い顔だけど雰囲気恐い

近くにいたAが誰かに迎えを頼む電話をし始めた。
「いいじゃないっスかあ〜お願いしますよ〜」みたいなことを
言ってたんだが、相手が渋々おkしてくれたらしい。

10分後、派手な音を立ててバイクが乗り込んできた。
あからさまにガラの悪い兄ちゃんだったけどバイクから降りたら背ちっちゃw

A「すみませんBさん〜」
B「土下座して謝れ」
A「えへへw部屋ついたら一緒に寝ましょうねw」
B「黙れ。(Aを殴る)お前のベッドは玄関だろ」
A「うわぁひでえw」
B「いいから早く乗れやボケ」

暴言を吐きつつ自分のヘルメットをAに渡し、
座席から取り出したボロそうなヘルメットをかぶるB。


63 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/05/16(日) 02:55:53 ID:s12yT4kk0
>>62続き

B「しっかり掴まっとけよ」
A「はい!」 Bの腰に両腕まわして密着。
B「やっ…!」

その瞬間ビクッとしたBがAに肘鉄をくらわせた。←まじで痛そう

A「痛い〜(´;ω;`)」
B「ヘンな触り方すんな!肩持てばいいだろ!」
A「も〜敏感なんだからぁ^^」
B「死ね」
A「てかBさん風呂上がり?いい匂いするw」
B「死ね!キモイ!死ね!」
A「えへへ!」
B「きめえ!変態か!」
A「ありがとうございます^^」
B「なんでだよ!!」

覚えてるだけでもこんな感じの会話だった。
結局「手ぇ動かしたら座席から落とす」という条件で
しっかりBを後ろから抱きしめてA達は帰っていったよ…疲れがぶっ飛んだ
posted by moge at 00:53 | Comment(40) | なかよし

2010年05月15日

長身ヒゲと小柄ヒゲのヒゲコンビ

「あ、ほも」と呟いた瞬間。16
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1273322236/l50
@801板

53 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/05/14(金) 22:01:49 ID:AZKv7h8w0
先日派遣で働いていたんだが、契約期間が切れた。
が、直属の上司があるデザイン事務所の事務を紹介してくれた。
今までは男2人でやってたけれど、事務仕事に手が回らなくなったからとのこと。

Bデザイン事務所のふたりとはは長身ヒゲと、小柄ヒゲの、ヒゲコンビ。
長身はわりと調子の良い天才肌。小柄は技術家系。
派遣のときに何回か一緒に仕事はして、顔見知りではあった。

ある日、会計処理で今までどうやってたかわからないことがあったので、
作業部屋(2人の作業部屋と、応接部屋、わたしの事務室がある)に聞きに行った。

自分「すいません、長身さん」
長身「(音楽聞いてる)」
自分「すいませーん。」
長身「(集中してるらしく聞こえてない)」
小柄「じゃむじゃむ、(自分)さん呼んでるよ。」
長身「えっ?とむたむ、なんか言った?」
小柄「じゃむじゃむ、集中してるのはわかるけど、(自分)さんが呼んでるんだから返事しなさい。」
長身「あはは、とむたむに怒られちゃったよ。」

なにそのあだ名。

自分「・・・あの、あだ名・・・」
長身「俺がじゃむじゃむで、小柄がとむたむ。」
自分「・・・いつもそうやって呼んでんスか。」
長身「うん。ねー」
小柄「ねー」

じゃむじゃむととむたむは、今日も何やらケーキを作ってた(シフォンケーキ)。
あと、とむたむが育てた苺を2人でジャムにしてたり。
あまりにもヒゲ面のおっさん2人が乙女チック過ぎて、
新人事務員はシフォンケーキにジャムのせながら毎日萌え殺されかけてます。



マリオ&ルイージRPG3!!!
posted by moge at 14:07 | Comment(32) | なかよし

2010年05月13日

何言うか迷ったらこうなった

「あ、ほも」と呟いた瞬間。16
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1273322236/l50
@801板

43 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/05/13(木) 18:59:26 ID:+0mRhydjO
今さっきのプチあほも
ファーストフード店で友人と居た私。
隣では制服を着た男子高校生が5人くらいで騒いでた。

B「そういえばAが探してたやつCが持ってたって!」
A「は!?お前ふざけんなし!」
C「ごめんごめんw面白かったし!」
A「Cとはもう友達やめるわあ(冗談っぽく」
B「あーあw」
C「え、ちょ、まじごめんってw」
A「今日から親友になるわ」
B「………は?ちょ、ランクアップしてるし」
C「お前意味わからんw」
A「違うって、何言うか迷ったらこうなったんだって」
C「え、俺らもう親友やん」
A「わー何それ、メッチャ照れるー」
B「嘘つくなやww」

そのあと皆で爆笑しまくってた。
なんか和んだ。
posted by moge at 23:01 | Comment(12) | なかよし

2010年05月12日

しかもエビすら返ってくる

「あ、ほも」と呟いた瞬間。16
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1273322236/l50
@801板

27 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/05/12(水) 18:44:10 ID:at1EoYpxO
職場プチあほも。携帯からスマン。

A:30代半ば。ムードメーカー。酒好き。
B:30代半ば。長身穏やか。
ABは大学同期で仲良し。

今日3時休憩の時、1人1個ずつお菓子が配られた。
遅れて席に戻ってきたAは、自席に2個あるのを見て大喜び。

A「ヤッタ!余ったの!?俺これ大好きでさー」

私「良かったですね」

A「Bも好きでよく学生の時奪いあって食べたよ。…あ!そうだ!」

そう言ってニヤニヤしながらB席(少し離れてる)に近づくA。

A「なぁーBー」

B「んー?」

A「今日一緒に飲みに行くなら良いものやるぞ!

AはBの目の前にお菓子をプラプラ。

B「今日平日なのに…しょうがないなぁ(苦笑)」

A「やっぱ○○(商品名)の力は偉大だな!」

というわけで、先ほど2人は仲良く帰って行きました。


実はAの席にお菓子が2個あったのは、
Bが「これA好きだから、あげてやって」と
自分のを置いてったからなんだけどね。


29 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/05/12(水) 19:49:47 ID:uftb5G/G0
エビで鯛を釣った状態ですね。
しかもエビすら返ってくる・・・なんという策士
posted by moge at 23:29 | Comment(22) | なかよし

自分から話しといて

「あ、ほも」と呟いた瞬間。16
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1273322236/l50
@801板

22 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/05/11(火) 17:36:57 ID:zIcD1Kx+O
ゼミで飲み会を開こうということになり、ゼミの教授と相談してたんだけど…

私「学校から近いですし、○○(居酒屋名)なんかどうでしょう?」

教授A「いいね!
   ○○といえば、教授Bがさ、行ったことないけど
   一人じゃ行けないから一緒に行こうって誘われてね
   この前2人で飲んできたばかりだよ」

私「仲よろしいんですね」

教授A「まぁ、よく飲みには行くかな
   この前なんかさ、夜中の11時にアイス食べたいってメールがきてさ、
   しょうがないから△△(ファミレス名)にパフェ食べに行ったよw
   いい年したおっさん2人が夜中にパフェだよwあ、キモいとか言うなよww」

自分から話しといて、パフェのくだりになると早口になるし、
顔もほんのり赤くなるし、デートのこと話す女子中学生かt(ry
しかも、夜中に仲良くパフェだと…!?
キモいどころか、なんかありがとうございますw

ちなみにAは小柄でひょろっとしてて、Bは体格ガッチリの包容力がありそうな感じ
2人ともいい年した教授です

まさか大学であほもと遭遇するとは思わなかったw
これから講義中にニヤニヤしないよう気をつけないとw
posted by moge at 00:13 | Comment(6) | なかよし

2010年04月16日

しちゃうで?

「あ、ほも」と呟いた瞬間。15
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1265536712/l50
@801板

784 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/04/16(金) 00:33:04 ID:rFxwQNjpO
帰りのバスの中で見た高校生あほも

A:横顔しか見えなかったけどおしゃれイケメン
B:可愛くてやんちゃっぽい

B「俺寝るから○○の前になったら起こして」
A「わかった。キスして起こすわ」
B「はいはいおやすみ」
A「…。(´・ω・`)」

十数分後。

A「B、もうすぐ着くで」

B起きない。

A「なあチューしちゃうで?」

B起きない。

A「ほんまにチューしちゃうからな?」

B起きない。
チラガン見してたら本当にBに顔を近づけるA。
自分から見た角度で完全にキスしてように見えるくらい近づいて

A「なあB…。しちゃうで?」

それでもBは起きなくて、
Aはすごく微妙な顔をして元の体勢に座り直してた。

そのあとBが降りるバス停に着いて、Aは普通にBの肩を揺らして起こし、
Bは「じゃあな〜」と眠そうにバスを降りていった。
posted by moge at 22:38 | Comment(30) | なかよし

2010年04月14日

にーちゃんと一緒がいいのに

「あ、ほも」と呟いた瞬間。15
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1265536712/l50
@801板

764 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/04/13(火) 21:49:27 ID:BjbYKFTe0
丁度一年前の今頃
コンビニ行ったらこんな顔(´・ω・`)した男の子と
二十歳くらいのにーちゃんが手繋いで買い物してた
聞こえてくる会話からすると男の子は小学校に入学したらしい

「何で?何でにーちゃん迎えに来てくれんの?」

「お前、小学生になったし」

「幼稚園のときは迎えに来たのに何で小学生になると駄目なん?
 僕ずーっと待っとったのに、にーちゃん来んし(´・ω・`)」

「待ってても俺は来んぞ。小学生は一人で帰って来んといかんの」

「僕、小学生やめる。ずっと幼稚園におる」

「はぁ?無理だろ」

「じゃあにーちゃん小学生になって。にーちゃんと学校行きたい」

「無理無理」

「何で、馬鹿、あほ、
 僕にーちゃんと一緒がいいのに、にーちゃんのあほ(´;ω;`)」

「……」

「…にーちゃん、小学校にはお弁当がいらんの。パンとか食べれるって」

「給食出るからな」

「僕、パン食べんから、持って帰るから、にーちゃん一緒に給食たべよ…」

「…見つからんように持って来いよ」


何か可愛くて陳列棚投げ飛ばしたくなった



兄弟-BROTHERS- 3



posted by moge at 22:37 | Comment(37) | なかよし

2010年04月09日

…煙草やめれば?

「あ、ほも」と呟いた瞬間。15
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1265536712/l50
@801板

748 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/04/09(金) 18:47:57 ID:3mDdv5jBO
親戚内でまさかの

A:大学生、眼鏡、理系のもやしっこ
B:高校生、イケメン、アウトドア派

AとBは従兄弟同士

B「あ、それ兄ちゃんの煙草と同じ」
A「あーうん」
B「煙草ってうまい?」
A「絶対吸わない方がいい。高いし、身体に悪い。お前体力が取り柄だろ?」
B「なにそれwじゃー何でA君は吸い始めたんだよw」
A「お前の兄ちゃんが吸っててかっこ良かったから、真似しちゃった」
B「え」
A「内緒ネ」
B「…煙草やめれば?つーかやめろし、没収ねこれ。A君今日から禁煙な」
A「は?いや、え、なに、なんでよ、ちょっと」
B「A君煙草似合わないよ。飴でも舐めてた方がそれっぽいよ」
A「ひどいなw」

因みにBの兄ちゃんとAは同じ年で仲が良い
二人でよく飲みに行ったりしてる
いろんな見方が出来て実にうまーでした
posted by moge at 22:52 | Comment(34) | なかよし

2010年04月06日

二人とも楽しそうだった

「あ、ほも」と呟いた瞬間。15
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1265536712/l50
@801板

705 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/04/01(木) 15:21:46 ID:VspXMplr0
昨晩帰宅すると叔父が来ていて父と二人で飲んでいた時のぷち

A:父56歳。メタボな普通のおっさん
B:叔父(父の弟)父より3つ下くらいのはずだが見た目が若く男前

ちなみに二人はなぜかいつも合い向かいの席じゃなく隣同士に座る

私「ただいま」

A「おう、おかえりー」

B「おかえりーいつもこんな遅いんか?大変だなぁ」

私「おじちゃん最近よく来るね」

B「お前の父ちゃんがさぁ、寂しい寂しいって言うからさー。
  おじちゃんが相手してやってんさ」

A「なぁーにwwそりゃあお前だろー?」

B「なんだよーww兄貴だろー!ガハハハ!!」

A「どーせ俺たちはカミさん達に相手してもらえなくてねぇ、
  しがないオヤジなわけですよ…それをねぇ、兄弟同士、傷を舐めあってねぇ…」

B「傷口に酒を塗り合って!?なぁ兄貴ー!ガハハハ!!」

A「もう俺は酒とBがいれば十分だなぁ〜」

B「まーたそういうこと言うww娘の前だぞ兄貴ーww」

A「あっ、もちろん○○(私の名前)がいればお父さん生きていけるよ〜w」

私「はいはい。もう二人で生きていけば」

A「ああ〜、娘まで俺に冷たいよ〜寂しいな〜」

B「ほらぁー寂しい時は俺がいればいいだろぉー?ww」

A「そうだな〜やっぱりお前がいいよww」

二人ともかなり酔ってて楽しそうだった
その後二人は妻の尻に敷かれない方法について語り合ってた
posted by moge at 00:38 | Comment(8) | なかよし

2010年04月03日

そんなことないですよ!

「あ、ほも」と呟いた瞬間。15
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1265536712/l50
@801板

704 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/04/01(木) 14:36:31 ID:fdYdD3An0
個人まりした小さい駅で見かけたリーマン。

A:30代くらい。イケメン寄り
B:20代くらい。小さくて我が家の谷田部を若くした感じ

A「はあ、俺って何やっても駄目な気がしてきた…」

B「えっなんですかいきなり」

A「奥さんには逃げられるし、仕事もミスしっぱなし。
 同期はどんどん上行くしさー。俺もう駄目かも」

B「そんなことないですよ!僕Aさんの良いところ、いっぱい知ってます!
 自分がコーヒー入れるとき、僕のも一緒に入れてくれたり、僕の悩みも
 何度も聞いてくれて…。他にもAさんにはいっぱい優しいところがあるんです!
 仕事だってすぐ上手くいきますよ!奥さんともすぐ仲直りできますって!」ベラベラベラ

A「…お前、四月バカ?褒めても何もでない、
 それに後輩のお前がわかったような口きくなよ」

B「えっあっ…ごめんなさい(´TωT`;)」

A「嘘だよ。 有難うな!やっぱお前いい後輩だわ」

B「!!(゚ω゚*)」


会話はこんな感じだったと思います。
Bみたいな後輩欲しいよおおおお
posted by moge at 14:57 | Comment(5) | なかよし

なんかやりづれぇな

「あ、ほも」と呟いた瞬間。15
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1265536712/l50
@801板

711 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/04/01(木) 23:59:53 ID:gyduryM20
4月1日になったばかりの深夜に見たあほも。
破壊力半端なかったので投下

バーで知人と待ち合わせしてた時、隣でリーマン二人が飲んでた。
A:黒髪。爽やか
B:暗めの茶髪。すごく仕事ができる人らしい
会話からAが後輩、Bが先輩ぽい。
ふたりとも二十代後半くらいでモテそう

A「あ、話してなかったことがあるんですけど」
B「何?」
A「俺4月から部署移動するんですよね…。」
B「えっ!?」
A「言いづらくて内緒にしてました…。すみません」
B「まじで…?」(本気でショック受けてるっぽい)
A「はい。あっ、でもこれからもメシ食いにいったりしましょうね!」
B「え…いや…うん…」
A「……Bさん、今日エイプリルフールですよw」
B「はあ!?え!?今の嘘!?」
A「普通に考えて嘘じゃないですかw
  移動するなら引き継ぎとかあんのにBさんが知らないわけないでしょww」
B「はあ〜〜?もうまじふざけんなよバカ!!」


712 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 00:00:39 ID:gyduryM20
長くなったので続き

A「やったー大成功ー^^」
B「バーカ!!A嫌いだマジで!!」
A「嫌いってことは本当は好きってことですよねw」
B「は!?あっそうか、ちげーよ好きだよ!」
A「そうですかw」
B「そーだよ!A好き!大好きっ!」
A「そんなに俺のこと好きですか?」
B「え?うん、いや、ほんとは…嫌いじゃないからな?」
A「わかってますよw俺もBさん大好きだもん」
B「えっと、それは嘘…?」
A「嘘じゃないですよ。好きです」
B「そっかwなんかやりづれぇなエイプリルフールってw」


グラスを頭で叩き割りたくなるくらい禿げた
posted by moge at 00:42 | Comment(21) | なかよし

2010年03月28日

もうね、ガン見

「あ、ほも」と呟いた瞬間。15
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1265536712/l50
@801板

606 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/03/26(金) 16:24:30 ID:8xoqio2k0
昨日の帰りに見かけたあほも?

高校生二人組、それぞれ自転車で似たような体格
A…黒髪
B…暗めの茶髪

帰り道が

B A→
らしく、お互い「じゃーな」ってサラっとお別れ
信号も点滅してたし、Aはぐんぐん自転車を漕いでいく
「おー飛ばすねー」なんて思ってふと見たら、Bがその場を動かない
T字路だからBの進行方向には信号もないのに

「んん?」と思って視線を追うと、BはAの背中を見てた。もうね、ガン見
名残惜しいとか通り越すぐらいの勢いでガン見
この時期に制服で一緒に帰ってんだから、部活も一緒なんだろうに

対照的にぐんぐん行っちゃうAにちょっと切なくなったけど、
Bが漕ぎ出したらA振り返っててワロタ

両想いうめぇw
posted by moge at 01:31 | Comment(20) | なかよし

2010年03月26日

そーっと忍び寄って

「あ、ほも」と呟いた瞬間。15
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1265536712/l50
@801板

591 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/03/25(木) 13:24:40 ID:JIML1git0
少し前、従兄弟の家に遊びにいったときの話

従兄弟A…中学一年生、方向音痴、ボーっとしてて口数は少ない、でもお調子者
従兄弟B…小学一年生、おじいちゃんっ子で優しくて大人しい。マ.ルコ.メヘア
ABは兄弟ではない

Aは内弁慶というかなんというか、外では大人しいんだが家族の前ではすごいおちゃらけてる。
バンクーバーのエキシビジョンでプ.ル.シェ.ンコがやってた最後のポーズが
気に入ってるらしく(横向きに寝て、頭とヒザを抱えて丸くなるヤツ)

ちょっと手伝いに呼ばれるたびに

「プ.ルシェ.ンコぉーッ!!」

と叫んでは丸くなる。(許否のつもりらしい)

その日はたまたまB家族も来てた。もちろんAはことあるごとに全力でプ.ル.シェン.コ。
Aが急に大声出すもんだから、Bはビビりまくってその場で硬直。
そりゃもう怖がる怖がる。

けど尋常じゃない様子のAが心配らしく、そーっと忍び寄って
背中にきゅっと抱きつくと震える声で

B「…ま、まぉ…」

はげた

わかりづらくてごめん



氷上の光と影 知られざるフィギュアスケート
posted by moge at 23:40 | Comment(18) | なかよし

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。