2008年04月03日

三人の関係

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。6
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1203264588/l50

744 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/03/28(金) 22:28:31 ID:Yc+5vzo/0

弟…専門学校生。黒髪眼鏡のフツメン。
A…大学生。弟の友人。茶髪長身フツメン。
B…大学生。弟の友人。ウ/エ/ン/ツの相方似。

先ほどから弟の部屋からベッドがきしむ音&変な声が聞こえてくる。

A「痛い痛い痛い!変なところさわんな!」
弟「うるさい。声でかい」
B「弟はいつも乱暴なんだよ。もっと優しくできんだろ」
弟「お前だって、最後のほうは良いって言ってたじゃねーか」
A「マジ痛い、マジ痛い!」
弟「慣れだ」
B「…むかつくから、弟にやるか」
A「賛成」
弟「はぁ?!ちょ、Aいきなり立つな!上乗るな!」
B「感じさせてやるよ」
弟「うっ…!やっ…!!」

弟は専門学校に通うマッサージ師の卵。
AとBはその練習台でちょくちょくうちに来てる友達。

いつもはAとBにやるだけで終わるのに、今日は反撃受けてたみたいです。
夜食の差し入れ、してきても良いかな…?


748 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/03/28(金) 23:52:46 ID:Yc+5vzo/0
とっておきのお菓子を持参し、行って参りました。
大したあほもじゃないですが…

ノック後、返事も聞かずに乱入。
Bが弟に馬乗り。それ以前に上半身裸の三人に絶句。
叫びたくなる衝動を抑えるが、三人が勘違いしてくれた。

A「マ、マッサージしてもらってたんです」
B「そんで、弟にしてあげてたんです」
弟「ってか、なんで来るんだよ」

お菓子を奉納しに来たとつげ、ついでに母からの伝言を伝えた。
伝言は弟の部屋じゃ狭いから、客間で三人で寝たらどうだとのこと。

弟「あー、確かに布団一式しかしけない」
B「ならAが布団に寝て、弟と俺が一緒のベッドに寝ればよくね?」
弟「ヤダ。ならAとBで寝ろ」
A「俺、Bと寝たい」
B「Aはパス。弟と寝る」
弟「素直に客間に行こうぜ」
B「だってそしたら弟のお母さんに声聞こえんじゃん(客間は母の寝室の隣)」
A「それはいや。おばさんに心配かけたくないし」

それからは誰が一人で寝るか言い争った後、じゃんけんの結果
Aと弟がベッドで寝ることに。

暫くその様子を見て満足し、退室をしようとしたら

弟「マッサージは直肌にやるもんだから!
  服着てやるのは按摩だから!
  だから上半身脱いでただけだから!」

と力説された。

姉が三人の関係を疑ったとでも思ったか。
隣の部屋から声が聞こえた時点でもう遅いわ。



誰にも言えないマル秘三角関係


posted by moge at 13:33 | Comment(15) | なかよし

2008年03月31日

料理上手な人と

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。6
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1203264588/l50

738 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/03/28(金) 19:46:52 ID:gTY9B8sdO

A…父方のいとこ。大学生。
B…母方のいとこ。この春小学生。

親戚の集まりでバーベキュー。
子どもだけで買い出しに行けと私を含めた三人でスーパーに行ってきた。

B「A君は料理上手だね」 

A「なんで?」 

B「いろんな野菜の名前知ってるし、
  ○○ジャー(ヒーロー?)のウインナー買ってくれた」 

A「それだけかよwww」 

B「俺、A君と結婚したい。
  パパが料理上手な人と付き合えって言った」 

A「は?○○(私)じゃなくて?」 

B「○○ちゃんは怖いからイヤ。A君がいい」 

A「ん〜、俺、ピーマン食べられる子が好き」 

B「えっ…」 

A「無理だな」 

B「が、ガンバる!」 

で、今Bがピーマンと格闘中。 
嫌われて凹んだけど、萌えた。 
posted by moge at 23:00 | Comment(7) | なかよし

2008年03月26日

心のアンテナ

「気になる…」他人の会話の断片 Part19
ttp://life9.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1204981601/l50

38 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/03/26(水) 00:28:23 ID:n/AVkRiK
バスの中で聞いた、高校生の男の子の会話

(最近彼女からのメールや電話の
 返信が無い・遅い、というような話から)

A「普通彼女だったらメールとか速攻返すんじゃねえ?
  なんで返さないのあいつ」 

B「まあ返せないのかもしんないし」 

A「お前だったらどうする?返すべ?」 

B「あー大体返してるよね、俺」 

A「っていうか話したい事も全然話せないじゃん!!」 

B「大丈夫!お前の愛は俺の心のアンテナがキャッチするから!」 

A「お前がキャッチしても意味ないじゃん!」 

思わずブハッとなった。
隣に座っていたおじさんも、思いっきり肩震わせてるのが分かった。 
心のアンテナって。Aも突っ込むとこそこなんだ。
アンテナは普通にアリなんだww 

久々に笑いこらえすぎて死にそうになった。 
posted by moge at 11:35 | Comment(4) | なかよし

2008年03月24日

だーれが好きなーの…

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。6
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1203264588/l50

620 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/03/22(土) 20:23:30 ID:hOT/UFJTO
病院に見舞いに行った帰りに、小さいあふぉも。

A…高校生ぽい。入院患者らしい。賢い&かっこいい系。
B…4〜5歳くらい。男らしい系。Aの……なんだろう……。

病院ロビーのソファに座ってジュースを飲むふたり。
BがAに何度も乾杯を求める。カンパ〜イ!楽しそうです。

突然「ぞうさん」を歌い出すB。な○ちゃんで酔ったのか?

B「ぞーさん、ぞーさん、だーれが好きなーの……
  オレは〜…Aくんが〜好き、かな〜ぁ///……Aくんは〜?」

Aくんに「オレもBが好き」って言わせたいのか。なんてナックル。

しかし、Aは子象だったのです。

A「俺は……お母さんが好きかな〜www」

B(゚◇゚;)ガーン!!人生最初の大挫折!!リアルorz。
この時点で私、腹筋ハザードだったのですが

B「け……けっこんしてやるよ……?」

A、な○ちゃんの霧を吹く、私は吹くのをこらえて
中耳にカフェオレ入った。耳痛ぇwww!!腹筋割れる!!
付近には他にも何人かいたんですが、全員が色々吹いていた。

みんなで笑い泣きしながら、床だのソファだのをティッシュで拭きました。
多分、誰もが「お前ら、結婚しる!!wwwww」と思っていたに違い
ありません。

Aも、もらったティッシュで床を掃除して
ニヤニヤしながら深刻な表情のBと手をつないで立ち去りました。

ツンデレの彼氏って、たいへんねぇ。
posted by moge at 15:39 | Comment(12) | なかよし

2008年03月17日

ごめんてせんぱーい

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。6
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1203264588/l50

510 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/03/17(月) 03:08:07 ID:yf+d4LVzO
バイトの帰り道での話

A…身長170センチで体重46キロという驚異的身体の持ち主
  黙ってればイケメン君なサロンボーイ風

先輩…フツメンで普通体型だが、ジブリとディズニーが大好きな乙女男

Aが異様に細いという事について私含め
三人で話していた所、Aの身体に興味を持った先輩

先輩「…シャツ捲ってみてもいいか?」

A 「?、どーぞ?」

先輩「…お前ー、少しは嫌がれよー」

A 「(カマ声で)えぇー、もぉっ!やめてくださいよぉー」

先輩「…キモいからやめろ。でさー、…」

…と、この話は終わったと思った瞬間、突然Aが
先輩のシャツをかなり上まで捲し上げた

先輩「…は?!え??!お前、なにすんの!?!は!?」←パニック

A 「…トランク、ピンクのチェック柄。」

先輩「…っ、うぜぇ!!
   お前本当きめぇ!!!いっぺん死ね!!!!」←耳真っ赤

A 「先輩ほんとツボるwwwまじいいわwwww(爆笑)」


その後、「ねー、ごめんてせんぱーい」とか言って頑張って
ご機嫌取りするAと、ちょっと不機嫌な先輩の姿を見て
私がある意味死にそうだったが、我慢してAと一緒に先輩をなだめた
posted by moge at 17:03 | Comment(17) | なかよし

2008年03月16日

てんちょのケーキ

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。6
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1203264588/l50

35 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/02/20(水) 00:40:19 ID:lrSoKtrrO
前スレでバイト先のカフェでのあほも投下した者ですが
また収穫があったので携帯から失礼します…

店長:童顔三十路 アゴヒゲ+頭にタオル
   =どっからどう見てもラーメン屋です本当に(ry

古株バイト:元バスケ部で高身長 趣味は店長を高い高いすること

先生:最近常連になった英語教室の先生でフランス系 スーツが似合う美形


バレンタインデーに限定ケーキを食べに来た先生が
「作った人に渡してほしい」と花束を置いて帰った。

店のケーキは全部店長の手作りなんだけど、先生はそれを知らない。
花束を受け取った店長は困ってたけど嬉しそうだった。
実は花とかけっこう好きらしい。

で、よく見たら花束の中にメッセージカードが入ってたんだけど英語で
書いてあって店長は読めない。「代わりに読んで」と現役大学生の
古株バイトに渡したら、パッと見てパッと返して「いつも美味しい ありがとう」
って書いてあると言った。

「こんなオッサンでなんか悪いなー」と言いながらも店長ニコニコ。

でも後でメッセージカード見せてもらったら、
「今度はうちに来てケーキ作ってほしい」みたいな内容だった(たぶん)

今度先生が来たら、ケーキの作り主を教えようかなーと迷ってる。


207 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/02/27(水) 03:17:20 ID:rsM42YDpO
しばらく来ない間にあほもの大豊作…存分に萌えつつあほも投下しに来ました
>>35の懲りないカフェバイトです


先生にケーキの作り主がバレた(つうかバラした)
そしたら店長に会いたがるので、閉店間際で暇だったから
店長をホールに呼んだ。

渋々出てきた店長を、先生は間髪入れずにハグ。

店長は腕の中で完全に固まってた。
外国の人ってガタイが良いから店長がなんかぬいぐるみに見えた。

「てんちょのケーキ好きです」

とたどたどしくも一生懸命伝えてた(先生はまだあまり日本語が得意じゃないらしい)
少し話してアドレス交換してもう一回ハグして先生は帰って行った。

その後、古株バイトが「俺は店長のアドレス知らない」と拗ねてたら
「お前は番号知ってるからいいだろ」と返してた。


仕事場でこんなにフラグが立っていいんだろうか…と思いつつ
今日もスネークしてる

また何かあったら投下しに来ます


208 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/02/27(水) 04:14:27 ID:zqYEdkr80
>>207
お待ちしております!


>「てんちょのケーキ好きです」
某CMの女の子の声で再生された

「でも、てんちょはもっと好きです」
posted by moge at 16:12 | Comment(13) | なかよし

2008年03月14日

おっぱい、良いな…

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。6
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1203264588/l50

425 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/03/12(水) 18:13:41 ID:l3/1qKEj0
今日の昼のこと

犬の散歩中、暇を持て余した為近くのグラウンドで
犬とボールで遊んでいたら、網の向こう側から地元の
高校生二人の会話が聞こえてきた時のあほも

A:黒髪短髪、イケメン、多分スポーツマン、ジョルジュ、大型犬
B:髪サラサラ焦げ茶色、なんかぽえぽえした顔、イケメン

A「おっぱい」
B「ん?」
A「おっぱい、良いな・・・」
B「なに言ってんだお前」
A「触りたいな・・・」
B「あー、ごめんな、俺おっぱいなくてごめんな」
A「ううん・・いい・・我慢する・・・」
B「うん、偉いな」

なにこのぬるっとした会話、とニヤニヤしていると、後ろから
「オフッ」っという妙な声が耳に届く

何事かと振り返るとAがBにタックルを仕掛け
その状態でBの尻をもきゅもきゅと揉んでいた

B「おおおい!やめろっ」
A「おっぱい!おっぱいおっぱい!」
B「やめろ!まじ、ちょ、やめろ!パンツが」
A「C?Dくらいですかねぇ、んふふ(笑)」
B「離れろ、はなっ、ひっひっひ」

初めは抵抗していたBも、Aの素晴らしい笑顔を見て
どうでもよくなったのか結局楽しんでた

ケツ揉んでいることにも勿論心揺さぶられたが、
腰にぎゅっと抱きついてBを見上げているAに、ガチで
口から心臓出そうになった

帰り際に超絶笑顔のAと目があったが・・・、
そりゃこんな顔見せられたら許してしまうわな

ありがとう、姉さん君たちのお陰でお腹一杯だよ
posted by moge at 01:05 | Comment(12) | なかよし

2008年03月13日

笑ってた

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。6
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1203264588/l50

438 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/03/13(木) 11:10:39 ID:YmkA9c5U0
あほもというか、何かほんわかした気持ちになったのでお裾分け。

A:黒髪短髪、ワンコっぽい
B:細身で眼鏡

たぶんどっちも高校卒業したばっかり

先日、帰宅途中に横断歩道で信号待ちしてた。
向かい側で信号待ちをしていたAが、

「おー! どこ行ってた?
 あ、そういえばお前今日発表かー、どうだった?」

と、私の前に立っていたBに手を振った。

Bが「受かった!」と横断歩道越しに叫ぶと、
Aは「マジで?! すげーじゃんおめでとう良かったなー!」と大喜び。

私も、他に信号待ちをしていた人たちも、よかったねーと
ほのぼのとした笑顔になった。

その瞬間、Aがにこにこ笑いながら再び道路越しに叫んだ。

「今この横断歩道、夢と希望が溢れてるな!」

信号待ちをしていた人がみんな吹き出しかけた。吹き出してた人もいた。
Bも、「お前何言ってんだバーカ!」って笑いながら叫び返してた。

そこで信号が青になったけどAはなぜか渡らず
Bが渡るのを待ってて、駆け寄ったBは

「マジで恥ずかしい。笑ってたぞ周り」

と言いつつも笑顔。

「周りみんなお前におめでとうって笑ってたんだって」

とAもにこにこ笑ってて、2人でずっと何か喋ってた。

一日の疲れが癒されました。ありがとう&おめでとう
posted by moge at 13:55 | Comment(10) | なかよし

2008年03月04日

低音美声

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。6
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1203264588/l50

233 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/02/28(木) 18:09:37 ID:Bz1/RqgL0
あ、ほもかどうか微妙だけど

A:ヤンチャで元気の良い新人、可愛い
B:面倒見とノリの良い営業さん。声がやたら低音美声

2人は何かとつるんで行動している。
Aは刷り込みされた雛みたいにBさんの後をついて回るし、
BさんはAが可愛くて仕方ないらしい。

昼休み終了間近、A含む何人かで雑談していると、風邪の話題に。

Aが突然

「俺も風邪気味かもしれない、最近左耳の聞こえが悪い」

と言いだした。

すると突然Aの背後に現れたBさんが後ろから耳元に顔を寄せ
何事か囁きかけた(どうだ聞こえるか、と言ったらしい)

気の毒なのはAで、びくっと飛び上がると浅く腰掛けてた机の端から
ずり落ちてBさんに支え起こされて

「ひどいっすよー、鳥肌立っちゃったじゃないですかー」

と真っ赤な顔でヨロヨロしつつ涙目で訴えていた

Bさんは「悪い悪い」とちっとも反省してなさそうな顔で笑っていたが
私はAのあまりの動揺っぷりに弱点は耳だなと確信した。
posted by moge at 13:23 | Comment(14) | なかよし

2008年03月03日

ベタすぎて

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。6
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1203264588/l50

291 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/03/03(月) 03:13:00 ID:G2v5e85iO
プチだけどバレンタインのコンビニで遭遇たあほも。

A:コンビニバイト。ゆるパーマで黒に近い茶髪、綺麗系。
  背は170ないくらい?細身。
B:明るい茶髪のウルフ。長身の可愛い系。細身。

AとBは友達っぽかった。


夜にコンビニで買い物してたらB来店。(Aはレジ)
バレンタイン用のラッピングされたチョコをレジに持っていくB。

A「え、チョコ貰えなかったの?」

B「貰ったよたくさん!たくさんだよ!www」

A「そうか、○○円です。」

B「うわっ冷たい…あ、袋いい」

A、お釣りを渡す。チョコはレジに乗ったまま。(持ってけよって感じで)
チョコを取らずに無言で手を差し出すBにAが無愛想にチョコをBの手に乗せる。

B「Aからチョコもらっちゃったあー自慢しなきゃあー(´∀`*)」

A「そうか、帰れ(´∀`)」

「またあしたねー」とか言いながら帰ってくBを無視するA。

ベタすぎて幻見てんのかと思ったよ…。
posted by moge at 16:58 | Comment(11) | なかよし

2008年02月18日

こういう時は

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。5
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1198699861/l50

943 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/02/16(土) 18:38:13 ID:mxmvjSNE0
ついさっきファミレスで遭遇したあほも。

A:ワイルド系黒髪イケメン。俺様な態度
B:フツメン。何となくおっとりした雰囲気

二人とも20代後半〜30代前半くらい。
Aがイライラした口調でBを叱っていた。

AとBは仕事だったのかスーツ姿だった。

A「前から遊ぶ約束してたのに、
  こんなくだらない事で休日を潰しやがって」

B(軽く拝みながら)「ごめんね」

A「だいたいお前は昔から要領が悪いんだよ。
  いつもいつも俺が面倒みてるし!」

B(ニコニコ笑って)「長い付き合いだよねぇ」

A「だから!どれだけ俺が面倒を見てきたと思ってるんだよ。
  それにお前はさ」

(続けて何か言いかけたが
 急に黙り込んで指先でテーブルトントン叩きだす)

B(神妙な表情で頭を下げて)「休日なのに悪かったよ。ごめんね」

A「違うだろ、馬鹿」

B(ん?と戸惑う)

A「こういう時はな、というか俺に対してはな、
  ごめんっていうよりもありがとうって言え」

その後Aは来週こそ一緒に遊ぶぞと言っていた。
どうもAはBの事を心配の余り叱っていたという感じだった。


べた過ぎて何かドラマの撮影かと思ったがそんな事はなかったぜ。
posted by moge at 18:20 | Comment(20) | なかよし

日本語を伝授

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。5
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1198699861/l50

965 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/02/17(日) 19:08:59 ID:sVLATXyGO

去年見かけたほのぼのあほも

去年、うちの隣にロシア人家族が引越してきた。

そこの9〜10歳くらいと思われる男の子Aと、うちの
はす向かいに住む同年代の男の子Bが仲良くなり、
よく二人で遊んでいるところを見かけた。

BはよくAにインチキ日本語を伝授していて、

「I LOVE YOU」

を日本語で

「ひがしこくウ゛ァ〜るちじ(巻き舌)」

と言うのだと、それはもう熱心に教育していた。

それからしばらく家の前でひがしこくウ゛ァ〜るちじ(巻き舌)コールが
うるさかった。
posted by moge at 18:16 | Comment(16) | なかよし

2008年01月26日

え…

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。5
ttp://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1198699861/l50

567 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/01/22(火) 23:10:55 ID:Ur+OCVua0
息子を迎えに言った幼稚園でのことで、ちょっとスレ違いか?
うろ覚えなので捏造入ってるかも

Aくん
 →中学生か高校生くらい。
  よく子供と遊びに幼稚園に来るいい子。たまに団体

Bくん
 →幼稚園児、年長さんくらいの子かな?
  結構ないらずらっこ。

冬休みくらいの時期にAくんが遊びに来てて、
私は時間もあったので少し子供たち遊んでた。

そしたら、大きなホールみたいなところで
AくんがBくんとかいろいろな子と遊んでたとき


B「あんね おれ 学校行ったらAと彼女になるんだよ!」

A「ちょw なんだよそれww 俺きいてねーってww」

B「でね、みんなと一緒に○○ごっこすんの」

A「そうなの?
  ・・でも俺小学校には行けないんだよ?年ちがうから」

B「え・・・(´・ω・`)」

A「・・・・え、ちょ、まって、泣くなって!この泣き虫!w」

B「・・・・・・(うつむいて泣きそうになってる)」

A「・・・ほら!泣くなー!男だろ!(こちょばす)」

B「・・・・(ニカ)」


とかしばらくAくんがBくんの事こちょばしてて 
落ち着いたころにB君がAくんに反撃開始はじめて 

A「や、ちょ、まてってwww」 

とか言いながらじゃれあっててちょっと和んだ。 
posted by moge at 20:54 | Comment(7) | なかよし

2008年01月24日

甘いのは

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。5
ttp://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1198699861/l50

585 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/01/23(水) 20:48:57 ID:NLJDi5ZrO

祖父の家に家事しに行って「ああ…きょうもほも」。

A:祖父。一人暮らし。
  ハゲ眼鏡。元金融マン。甘味大好き。

Bさん:祖父の幼なじみ。元猟師。
    ずっと独身。渋い。酒強い。

祖父宅は古くて寒いため、
ホットドリンク用ペットボトル&フリース袋で、
簡易湯たんぽ持参。

で、休憩時間に湯たんぽ袋を抱えていたら、祖父が
コタツで手を寒げにすりあわせていたので、湯たんぽ袋に
手を入れるよう勧めたら、「あったかあったかv」と嬉しそう。

そのまま祖父に貸して、私はお茶で暖をとっていた。

そこにBさん登場。

ド派手なフリース袋に手を入れてる祖父を見て

B「Aちゃん、それ何?」

A「湯たんぽだよ。
  孫ちゃんが貸してくれたんだよ。Bちゃん当たりな」

Bさん、いそいそ祖父の真横に座り、一緒に手を突っ込む。

ちょwwじいちゃん自重www
Bさんに譲れwwと思ったけど

A「Bちゃん、手ェちめたい!」

B「外、寒いもの。雪になるんだよ」

A「雪!そんな寒いのに来たの!」

B「卵焼き作ったんだよ」

A「(超笑顔)甘いのかい?」

B「(ニッコリ)甘いよ。」

二人はべったり寄り添って、ひとつ袋に突っ込んだお手手を
スリスリしあいながらキャッキャしてた。

おやつに頂こうと、ホカホカの卵焼きを切りながら
「甘いのはお前らですぅ…」と思った。


つみれ鍋にお銚子つけて、風呂と寝床ふたつ支度して私帰宅。

今夜は雪ですが、祖父の心配は無用なようです。
posted by moge at 16:36 | Comment(24) | なかよし

2008年01月23日

食べる前にお腹一杯

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。5
ttp://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1198699861/l50

487 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/01/19(土) 13:17:14 ID:R/DZd+8R0

ちょっとしたことなんだが初めての遭遇だったので…
先ほど買い物に行ったときの出来事

A 恐らく近くの中学の子(お昼を買いに来てたらしい)
  結構長身、眼鏡 

B 同じく中学の子、Aより頭半分小さいくらい、ピアスあけてた 

パン売り場を物色する二人の近くで同じくパンを物色する自分 

A「俺なあ、メロンパンはチョコチップつきじゃないと嫌やねん」 

B「え、そんなんアカンやろ。果汁入りやろ」 

等と他愛もない会話をしていたのに、突然Bが
メロンパンを胸に当てて笑った。 

B「何カップ?w」 

A「俺、まな板至上主義やからないほうのBが好きやな」 

好きって単語に過剰反応しそうになる自分を
押えていたら、Bが 

B「俺もそのまんまのAが好き……好き」 

何故繰り返すんだBよ。

そして妙に照れて「うん、俺も」なんて言ってる
Aはなんなんだろう。 

本当にご馳走様でした。今からお昼食べます。


488 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/01/19(土) 13:35:19 ID:ltLiSS7MO
お昼食べる前にお腹一杯だろw
posted by moge at 11:17 | Comment(9) | なかよし

2008年01月20日

その手が

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。5
ttp://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1198699861/l50

465 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/01/18(金) 03:40:38 ID:oxInkkN4O
リーマン二人のほのぼのあほも

A:眼鏡のオッサン。しょんぼりした感じがキュート。
B:紳士っぽいオッサン。オールバック白髪。

時間帯・悪天候で混雑する駅の自動切符売り場。
機械の前にはA・B・私の順番で列。

Aが機械に500円玉投入。

しかし500円玉はお釣りのトコからそのまま出てきてしまう。
何度もトライするが、中々お金が入らなくて焦るA

そこへBが後ろから

「それ、旧500円玉使えないみたいですよ」

とアドバイス

Aは慌てて財布を開けるが、
小銭が無かったらしくオロオロ(500円玉全財産なのかよw)

どーすんだよ、と若干イライラ見ていたら

B「私の500円玉と交換しましょう(ニッコリ)」

A「え、いいんですかぁ!(パァァァ)」

Bの500円玉を受け取ろうとするA、
しかし手が滑ったのか500円玉を床に落としてしまう

オッサンとは思えない俊敏さでしゃがみ、
500円玉を床に押さえ付けるAB

その手が重なり合い、二人とも「アッー」

その後、

A「すみません・・・(テレテレ)」

B「いやこちらこそ・・・(テレテレ)」

となっていた

時間なくてドジッ子なAにイライラしてたけどなんか和んだ(´∀`)
posted by moge at 01:45 | Comment(7) | なかよし

2008年01月19日

並んで歩き出した二人

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。5
ttp://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1198699861/l50

353 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/01/14(月) 13:07:55 ID:/CqAcMvvO
電車内あほも便乗。

男子高校生
A:160くらい華奢な体型 可愛いけど暗そう
B:180近くあるスポーツマンタイプ

二人は同じ駅から乗ってきたんだけど、Bは友人達と
ゲームの話なんかで盛り上がり、Aはそういう輪に入れず、
ポツンと離れた席で本を読んでいた。

20分ほどで駅に着き、Bは友人達と降りてしまい、Aは
少し遅れて一人改札を抜けた、ら
そこにはBの姿が。

駆け寄るとギュッとBの服をつかみ、なにかぽそぽそと話すA
「ごめんなー」みたいな感じで頭を撫でるB。

並んで歩き出した二人に妄想が止まらなかった…
posted by moge at 16:04 | Comment(24) | なかよし

2008年01月17日

…ツンデレ?

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。3
ttp://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1187179613/l50

954 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2007/11/22(木) 00:15:51 ID:YNYy2m4O0
大雪の東北へ出張してきた。あほも事件の土産話です
てかもうマジで寒かったorz 北国雪降りすぎorz 

適当に混んでた夕方の列車内で、私の真横にいた2人

A 20代前半くらい?ダークグレーのツィードっぽいコートに
  焦げ茶系のボトムスとストール
  (色味は地味だけどなんか良い物っぽい)

B 黒髪、キツネ系顔の高校生。
  まじクソ寒いにも関わらず制服にマフラーと手袋のみ

Aのほうが結構な美形さん、可愛い系。
Bと身長差ある上に、長めの茶髪を後ろでまとめてたせいで
一瞬女の人に見えた。最初はBの進路について真面目に話してた
ようだが、そのうちAが「ツンデレ」の意味を実はよく知らない
という話に。

こうこうこうで、こういう態度だと相
手がメロメロになるのだ、とかB解説。Aくしゃみ。

B「……風邪?」

A「風邪なんかじゃないんだからね?…ツンデレ?」

B「微妙wwつか絶対違うwww
  っていうか、そのツンデレは誰に向かってんのww」

A「え…………菌?」

B「ダメじゃん!!ww俺をメロッってさせなきゃwww」

A「余計わかんないw
  お前を虜にしてどうすんの、何が生まれるんだよ」

B「わーかんねえよーー?w」

A「アホか」

B「やっぱ結婚して」

A「アホ」

B「冷たいでーす。…やっぱり無理?」

A「じゃあ連れて逃げれんの俺を」

B「あと半年待って」

(唐突にまたBの進路の話に戻る)


955 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2007/11/22(木) 00:16:23 ID:YNYy2m4O0
某駅に着いて2人が降りる際、雪で思いっきし
床が濡れてたせいで、Aが派手にすっ転んだ。

それはそれは派手な転び方で、Aのバッグが
ズシャアアア!!と濡れた通路を3メートル近く滑走していった。

A「……不覚w」

B「不覚w不覚すぎwwAさんw
  …大丈夫?打った?どっか打った?」

心配そうにAの背中や尻を払うB。
大丈夫だから早く降りよう恥ずかし〜、とドアへ向かうA。

B「Aさん鞄!!!!」

A「ああっ!!!」

見るに見かねたのか、初老のご婦人がバッグを届けに来てくれる。

A「すみませんっ」(ペコリッと90度以上角のおじぎ)

乗客に笑いながら心配されつつ、AはBに手を引かれ降車。

ていうか、暗いホームに降りたとたん思いっきりBが
肩を抱き寄せてたんだけど、あれはやっぱりガチの
カップルさんだったんだろうか……w

居合わせた客を一方的にハラハラ&和ませて退場していった。

本当はもっと会話のメモをメール送信したんだけど
半分自宅に届いてなかった〜orz



∞プチプチ ぷち萌え【ツンデレ/メイド/幼なじみ/妹】
posted by moge at 17:29 | Comment(19) | なかよし

2008年01月09日

ハートになってる

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。5
ttp://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1198699861/l50

210 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/01/08(火) 00:38:55 ID:3OaBM8PG0

去年の2月にバレンタインでみれたあほも投下
バイト先のドーナツ屋に御来店した高校生AB

A「美味そうだなーどれにしようかなー」

B「あ!これ凄くね!?ハートになってる!」

当時バレンタイン用ドーナツと銘打って
ハート型のドーナツを販売していた

B「俺これがいい!なあなあAこれ買って!」

A「えーやだよ
  バレンタイン用って書いてあるじゃん、自分で買えよ」

B「一緒に半分こして食べればいいじゃんw」

A「いやだよ!キメェな!」

B「えーwじゃあいいよ
  俺これとこれね(他のドーナツを指す)お金払っといてー」

そう言ってその場を去るB

私「いらっしゃいませー」

A「これとこれとこれをください」

私「かしこまりましたー」

A「…あと、そのハートのやつもください」

私「( ゚д゚ )」


見事なツンデレっぷりにレジを打つ手が震えたよママン。
あの後仲良く半分こしたんだろうか…。



決戦はバレンタイン!
posted by moge at 14:41 | Comment(29) | なかよし

2008年01月06日

新年早々萌えをありがとう

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。5
ttp://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1198699861/l50

99 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/01/05(土) 17:00:37 ID:kruo6ofM0

正月に帰省して親戚の家行ったら、遭遇したあほも

いとこ兄…社会人、ブラコン
いとこ弟…学生、料理上手

このいとこは実家出て二人暮し中。
兄が稼いで弟は家事全般担当。

酒飲みながら

親戚「結婚しないの?」

兄 「家事は○○(弟)だけで充分です」

弟 「俺は家政婦じゃない」

というやりとりをしてたのだけど、酔いのまわった兄が

兄「○○(弟)のごはんが一番おいしい」
兄「○○(弟)はゆたんぽになるし…」

という感じで弟自慢をはじめ、

「飲みすぎ」と照れた弟によって
布団に強制収納(すごい慣れてる感じで運んでた)

その後もとなりの部屋から兄が「ゆたんぽー」って呼ぶたび
「夜泣きか!」とつっこみつつ布団を温めに行く弟。

戻ってきた弟に「仲いいねー」と話しかけたら

「兄ちゃん俺の事大好きだから〜」

と今度は弟から兄への愚痴(という名のノロケ)を
聞かされるはめに。

思わず新年早々萌えをありがとうございますって
口走りそうになった。
posted by moge at 16:00 | Comment(21) | なかよし

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。