2012年03月31日

カラス可愛いよカラス

人に言えないような恥ずかしい妄想をするスレ12
ttp://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1326534380/260
@喪女板

260 彼氏いない歴774年 sage 2012/03/25(日) 17:35:08.10 ID:3sONUWF5
近所によくいるカラスに顔を覚えられた
理由は分からないが常に私の側にいる

朝起きると部屋の窓の前にある電線に停まってる
家を出るとガレージから見下ろされてる
職場に着いたらなんか凄い勢いで羽ばたいてきて、べしゃっという音と共に垣根に着陸してた
仕事中、相変わらず電線に停まっている
上司が嫌味を言ってきたが「ア゛ーッ!!ア゛ーッ!!」という声に
ビックリして足滑らせて転んだ。ざまあ
仕事終わりに同期の飲み会に誘われて付いていく。
何故かカラスと目が合う
帰宅。カラスはどこにもいなかった


巣の近くで見つけた人間がいる

どうという理由は無いが、毎朝不安定な枝にいる私を見てくるので、
私も何故かそこにいなければならない気がしてしまう
また私を見上げている。何故だ。しかしこの木は固くて爪が痛いな
人間は時折姿を隠して猫や隼よりも速く移動する。
私も翼には自信があるが、今日もまた負けた。落ちた所を見られる。ムズムズした
四角くてよく分からないものを見続け、爪を世話しなく動かしている。一体何をしているのだろうか
他の人間が縄張りに入り込み威嚇してきた!あの人間は気付いていないのか!
私が警告したら他の人間は急に倒れた。何だかスッキリした
あの人間の縄張りに他のの人間が一杯来た。
ちょっとだけあの人間の顔が分からなくなったが、私を見てきた顔は
一つだけだったので何とか大丈夫だった
周りが見えなくなってきたので巣に帰る。明日も枝に止まりにいかなくては


みたいな。カラス可愛いよカラス


posted by moge at 14:13 | Comment(9) | 妄想

2012年03月25日

もふもふ狼との二人暮しの妄想

人に言えないような恥ずかしい妄想をするスレ12
ttp://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1326534380/241
@喪女板

241 彼氏いない歴774年 sage 2012/03/23(金) 03:50:58.41 ID:YYpQmsrY
もふもふ狼との二人暮しの妄想。

幼い頃(7歳ぐらい)に両親を亡くした主人公。
両親を亡くした数日後に森に入ってしまい迷って倒れかけたところを狼に助けてもらった。
助けてもらったといっても、食料を運んできてくれただけだったが、孤独だった主人公には
何よりも嬉しかった。

森の中で幾日か過ごし元気になったとき、狼に問うた。

「私と一緒に暮らしてくれる?」

狼は一つ小さく鳴くと主人公の足に擦り寄る。
「ありがとう」主人公は森で暮らすべく歩きはじめた。

しばらくすると、幸運なことに小さな小屋が見えてきた。
何年も手入れがされていない、人気のない小屋。
多少不気味ではあったが、そこで狼と共に暮らすことにした。

生活はもっぱら自給自足。
主人公は小屋の掃除を、狼は食料の調達をした。
主人公は幼く料理などできなかった。森にある果実や木の実を調理することは
できなかったが、狼と一緒に食べられるというだけでとても美味しく感じた。

幾年の歳月が過ぎ、主人公は立派に成長した(現在19歳ぐらい)。
狼との意志疎通も容易にできるようになった。調理を覚え、独学だが錬金術も学んだ。
主人公自身は気付いていないが、主人公には錬金術の才能があり、すでに学校の教師と
同等あるいはそれ以上の腕を持っていた(錬金術の学校は国に一つしかなく、優秀な
生徒しか入ることができない)。生活は基本的には自給自足だが、錬金術で作ったものを
街に売りに行くこともある。

街に出たある日、主人公と狼は事件を目撃した。窃盗だ。
自分の身を守れるのは自分と狼だけ、という信条を元に
鍛練をしてきた主人公は見事その盗人を捕まえる。
そして狼の好きな果実と錬金術に必要な素材を買って帰っていった。

狼を連れて歩いている主人公の姿は目立つ。
盗人を捕まえたことは瞬く間に広がり、上流階級にいる人の耳にも入ることになった。

「とても強い小柄な女性と、白銀の毛並みの狼がいる」

そして主人公が錬金術も出来るということを聞き付けた貴族が、主人公の元を訪れる。

「お前はとても強いと聞く。金は用意しよう。私の護衛になれ」

「お断りします」

しかし主人公は狼との心地いい生活を手放す気はない。
しつこく何度も訪ねてくる貴族に主人公は苛立ちを覚え、しつこく何度も
頭を下げても思い通りにならない主人公に貴族は憤慨した。

「この私が何度も頭を下げているというのに!」

「何度も言ってますけど、私は護衛をする気はありませんので他を当たってください」

主人公は冷たく返すとドアを乱暴に閉めた。
貴族は頭に血が上り、筋違いな復讐をしようと計画するも狼に邪魔され失敗。

平穏を取り戻した二人は暖かい日差しの中日向ぼっこをしていた。
主人公の隣で気持ちよさそうに眠る狼。狼を撫でる主人公。幸せな日々。
これから自らの能力により色んな事件に巻き込まれる二人だったが、一時の幸せを噛み締めていた。


狼…狼…ハァハァ狼と暮らしたいよおおおおお!



新撰組秘闘ウルフ×ウルブズ
posted by moge at 14:23 | Comment(12) | 妄想

2012年03月09日

人外と契約して戦いに巻き込まれたい

人に言えないような恥ずかしい妄想をするスレ12
ttp://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1326534380/203
@喪女板

203 彼氏いない歴774年 sage 2012/03/07(水) 01:14:29.17 ID:+26QSa92
人外と契約して戦いに巻き込まれたい

ずっと人外の存在と仲良くなれたらいいのに……と思っていた喪子は
ある夜異常な静けさの中に目覚める。

星でも見るかと玄関を出ると、巨大な影が二つ倒れている。
闇に目を凝らすと、それはいわゆるドラゴンによく似ている。
戦ったらしくどちらも傷だらけで倒れており、喪子はマジかよと思いつつ
捕食覚悟で恐々近づく。

すると二頭は同時に目を開き、「契約しろ、人間!!」と吼えた

で人外は人間と契約することで自分の力を引き出せるんだよね
この二頭はライバルで、喧嘩の末クロスカウンターで同時に倒れた
んでそこにちょうど喪子が来たんで後先考えずに契約を迫った

で、喪子も浮かれて「うえ、ちょっ、いいんすかwwしますしますww」とだけ
言ってしまったので契約は通常1対1のはずなのに喪子対二頭、同時に
契約されてしまう

契約後は、人間が死ぬか、人外が契約を切るまで解除不可。
人外が力を引き出せば、それだけ人間に負担がかかる
お互いを狙い帰らない、戦闘時以外は秋田犬くらいの大きさのドラゴンらと
喪子はペット禁止の八畳間で暮らすことになる

……しばらくは、二頭が喧嘩したり喪子に媚びたり噛んだりするだけだったものの
二頭と契約できるだけの力を持った喪子を求め徐々に敵が現れ始める

やがて利害の一致を越え喪子と絆を育む二頭。
腐れ縁のチームワークも徐々に磨かれて行き……

という感じで迎えた最終戦。
辛くも勝利を収めるも、憔悴しきった喪子を見、二頭は静かに
契約の終了と異世界への帰投を告げる。守るための選択だった

久しぶりの広い寝床で寂しさに泣く喪子。
泣き疲れて朝日に目覚めると、体が動かない
頭を動かして目に入ったのは、体の上で眠る、見慣れた二頭の姿だった
契約を抜きにした、ひとりと二頭の生活が始まる
posted by moge at 00:09 | Comment(16) | 妄想

2012年03月07日

カラスとしゃべれる女の子の妄想

人に言えないような恥ずかしい妄想をするスレ12
ttp://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1326534380/198
@喪女板

198 彼氏いない歴774年 sage 2012/03/05(月) 23:52:09.90 ID:79JMs770
カラスとしゃべれる女の子の妄想をしている

中学生の喪子はカラスが大好き
町中のカラスとしゃべることができてカラスが友達
人間じゃなくてカラスになりたいと思っている
人間の友達はいらないと思っているけど
何かの拍子にクラスメイトや街の人間などの友達が増えていく
すると今まで分かっていたカラスの言葉が分からなくなってしまい
混乱しつつも成長していくハートフルストーリー

街の設定は海が見える坂の多い街で、森や山もあって自然がたくさん
街の住民の設定は色々
喪子が気になる学年一の秀才の男の子(同学年)
クラス一やんちゃっこで問題児の男の子(同学年)
喪子の能力に惹かれている女の子(後輩)
喪子のカラスとしゃべれる能力に目をつけたオカルト研究部の部長(先輩)
気の弱い古本屋の店主(30代前半)
街の住民からなめられっぱなしのヤクザ(40代前半)などなど

他にもいろんなキャラクターを考えているけど、どんどん妄想が膨らんで
街の設定とか商店街の店の並びの設定とか膨らんでヤバイ
隣町の都会の設定まででてきて収拾できなくなってきたw
でも考えれば考えるほど楽しくなってくる



鴉-KARAS-フルエピソード・エディション(Blu-ray Disc)
posted by moge at 00:01 | Comment(15) | 妄想

2012年02月21日

森で白銀の狼と暮らしている妄想

人に言えないような恥ずかしい妄想をするスレ12
ttp://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1326534380/121
@喪女板

121 彼氏いない歴774年 sage 2012/02/19(日) 02:26:02.13 ID:E6afzlv7
魔力が存在する世界。森で白銀の狼と二人(?)で暮らしている妄想。

基本的には自給自足、しかし主人公は薬草についての知識が豊富なので
たまに調合しては街に売りに行き、狼の好物のリンゴを買って帰る。
ツヅキアル\(^o^)/オワテナイ
posted by moge at 22:08 | Comment(20) | 妄想

2012年02月18日

まじゅつし、きじゅつちゅう。きじゅつし、しゅじゅつちゅう。

チラシの裏@801板 四百二十四枚目
ttp://pele.bbspink.com/test/read.cgi/801/1329154301/225
@801板

225 風と木の名無しさん sage 2012/02/15(水) 18:22:10.25 ID:r/MfWOffO
さっき甥っ子に下記の早口言葉を教わった。

まじゅつし、きじゅつちゅう。きじゅつし、しゅじゅつちゅう。

甥っ子の拙いしゃべりから察するに、奇術師は急な病で
舞台に立てなくなり、代わりに友人の魔術師が舞台で奇術を披露。
その頃奇術師は、手術を受けていました。という状況の様。

魔術師奇術中。奇術師手術中。

どうしよう、叔母ちゃん萌えちゃった。

魔術師:魔術が使える特異体質。魔術>奇術だと思っている。不器用
奇術師:手先が器用。奇術師である事にプライドを持っているが、
常日頃魔術師には、種や仕掛けがある事を小馬鹿にされている。

だけどある日、奇術師が倒れ、魔術師は奇術師を見に来たお客さんのため、
奇術を披露するんだ。不器用さをこっそり魔術でごまかしながら。

本当は奇術師の病状が心配でたまらないけれど、
見舞いには一度も行かず舞台に立ち続ける魔術師。

快癒した奇術師は、悪友の魔術師が自分の代わりに
ステージに立ってくれていた事に驚愕するといいよ。

どっちが攻めでも美味しく戴けます。



「世界の魔法使い」がわかる マーリン、パラケルススから近代魔術師まで
posted by moge at 22:52 | Comment(19) | 妄想

悪堕ちとかバッドエンド妄想

人に言えないような恥ずかしい妄想をするスレ12
ttp://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1326534380/113
@喪女板

113 1/2 sage 2012/02/17(金) 22:24:33.94 ID:IBvQ8/fh
悪堕ちとかバッドエンド妄想が楽しくなってきた

RPG的な世界で勇者率いるパーティの一員である僧侶の喪子
どうせモテないから禁欲貫いて僧侶になっちまえ!!と寺院へ飛び込んだら
何の因果か勇者と共に魔王だか何だかを倒す旅に出ることになった

仲間を信じ、希望を信じ、どんな時も諦めない
そんな勇者にかつて恋する事を諦めた身でありながら惹かれてしまう喪子

しかしパーティにはリア充全開の魔法使いやら武闘家やらがおり、
旅に出るまで外界とは切り離された生活をしていた喪子では恋愛対象になどなれはしない
そうでなくても情報収集のため街へ立ち寄る度人々に慕われ、愛される勇者

そこでようやく喪子は悟る

「ああ、自分では勇者様のお相手などなれるはずがない」
「そもそも私など選ばれるはずもない」

子供に笑いかける勇者の姿に胸が痛む

「私にもああやって笑ってくれないだろうか」
「けれどこの想いを捨てる事も出来ない」
「一度でいい、私を見つめてくれないだろうか」


114 2/2 sage 2012/02/17(金) 22:33:52.87 ID:IBvQ8/fh
喪子が選んだのは「悪堕ち」という名の裏切りだった

「喪子、どうしてお前が…!」
「あなた言ってたじゃない、
 『勇者様や皆と一緒に魔王を倒して平和な世界を取り戻す』って!」
「目を覚ませよお嬢ちゃん!」

ああ、やっと私を見てくれた。
こうでもしないとあなたは私を正面から見つめてはくれないもの。

勇者が世界を守るために必死に戦う喪子に惹かれていたことや、
相談のために喪子を除いたメンバーで話していたことなど知る由もない

一僧侶が数々の歴戦を乗り越えてきた勇者に
かなうはずもなく、あっさりと敗れてしまう喪子

「これでいいんです」
「もしあのまま仲間を続けていたら私の気が触れてしまったでしょう」
「そうしたら、きっと私は勇者様や皆に危害を加えてしまう」
「仲間を裁く事は出来ないでしょう、あなたは優しいから…」
「けれど、私が敵だったら……」
「世界を平和にするために…これで、よかったんです…これで……」

そういう妄想をして一人涙目になっている
posted by moge at 22:50 | Comment(15) | 妄想

2012年02月16日

失恋妄想

人に言えないような恥ずかしい妄想をするスレ12
ttp://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1326534380/105
@喪女板

105 1/3 sage 2012/02/13(月) 23:24:00.97 ID:Y0CzwvAT
失恋願望でもあるのかってくらい失恋妄想しまくってる。

男は頭が良い。良すぎて物事をドライに見つめ、合理的に割り切っている。
しかし感情がないというわけでもなく、毎日笑って怒って過ごすせば、
密かに大変な動物好きでもあるし、誰かを愛することもある。

ある時男が愛したのは、喪枝という少し冴えない女だった。
喪枝は最初、「好かれる理由もない」とまるで野生動物のように男を警戒していたが、
「愛している」と囁けば恥らうし、口付けをすれば受け入れた。
すると会うたび喪枝の冴えない面影は少しずつ薄れていき、
控えめだがどこか華のある容姿になった。
やがて体を重ねる夜も訪れ、男女は恋仲と呼べる関係になった。

男と喪枝の日々はまぁまぁ幸せだった。
喪枝の家は女にしては殺風景で、しかし二人でいればだらだらと笑って過ごせた。

動物好きな男の家はまるで動物園。
二人で九官鳥に言葉を教えたり、猫のシャンプーで水浸しになったり、
思い出は健やかに過ごす動物達の成長に刻まれていた。

ある時、男が別れを告げる。

喪枝は大変驚いたし悲しんだが、急な辞令で
海外転勤だという男の話は理路整然としていて、喪枝は納得せざるを得なかった。
男が喪枝を愛したのは、筋の通った話は素直に聞き入れる、こんな純粋さ聡明さがあったからだった。
今もそれは変わらないが、愛した喪枝に今までの生活を全て捨てさせ、
複雑な外国語を学ばせ慣れぬ海外生活を強いる。
果たしてそれが互いに幸せになれる道かと言えば、喪枝も男も首を捻ったのだ。
だから、仕方が無い。


106 2/3 sage 2012/02/13(月) 23:25:06.59 ID:Y0CzwvAT
喪枝は、せめて最後の愛情にと男の転勤の準備を甲斐甲斐しく手伝った。
特に大変だったのは、動物達への処置だ。
愛らしく世話も容易な小動物はすぐに里親が見つかったが、
老齢の猫は転勤直前まで里親が見つからずに冷や冷やしたものだ。
そして九官鳥である。
九官鳥もこれまた老齢で、その物珍しさが逆に飼い難いのではと里親を拒んだ。
仕方がなく、喪枝が引き取ることになった。

空港への見送りは、喪枝から断りを申し出た。
男もその方が良いと言ったし、未練を断ち切れない喪枝にとって、
男の姿は一刻も早く忘れたかった。
男は、家族や友人らに見送られて、日本を発った。
そこに喪枝の笑顔が並んでいれば、とふと思ったことは、この先誰にも話すことはないだろう。

――そろそろ飛行機が発っただろうか。
殺風景な部屋でぼんやりと過ごす休日は、男がいなかった頃と何も変わらないのに、
妙に寂しく物哀しい。かと言ってぼんやりしすぎていて、大泣きする気にもなれない。
テレビでもつけようかとようやくベッドから身を起こした喪枝の姿に反応し、
それまで大人しく眠っていた九官鳥が、快活に無邪気に嘴を開いた。

「アイシテルー」


107 3/3 sage 2012/02/13(月) 23:26:34.58 ID:Y0CzwvAT
喪枝がびくりと肩を揺らして、九官鳥の方を見つめる。
九官鳥はもう一度言った。

「アイシテルー」

――そういえば、二人で九官鳥に「愛してる」を教えたっけ。
男は九官鳥を愛しているというから、じゃあ二人で愛してるの言葉を教えようと、
まるで子供のように必死になって、鳥かごの前で愛してると繰り返したあの日。
そういえば、愛してると冴えない私に初めて言ってくれたのも男だった。

「アイシテルーアイシテルー」

応えない喪枝に、九官鳥が繰り返す。
生まれて始めての愛の言葉に恥じらう自分を面白がって、
耳を塞ごうとする両手を固く繋いで愛してるをしつこく繰り返していた男の
無邪気な笑顔を思い出した。
合理主義でドライで、頭が良くてなかなか人を寄せ付けないあの男は、
二人でいるときだけは恋する少年でいてくれた。
男のそんなところを、喪枝は確かに愛していた。

愛してる、と返せば、九官鳥は満足して大人しくなるのも知っている。
しかし喪枝の震える唇は、愛してるの言葉を紡げない。

「アイシテルー」

――言えないよ、仕方が無いでしょ。
知らずと喪枝の嗚咽が零れ始め、とうとうそんな瑣末な抗議すら叶わなくなる。
殺風景な部屋の孤独な女、孤独な九官鳥。
耐え切れず、嗚咽混じりに愛の言葉をようやく紡いでも、男の元にはもう届かない。


という長文にイメージソングまで考えるわたくし。人に言えない。
posted by moge at 21:53 | Comment(17) | 妄想

2012年02月12日

猫になる妄想

人に言えないような恥ずかしい妄想をするスレ12
ttp://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1326534380/101
@喪女板

101 彼氏いない歴774年 sage 2012/02/11(土) 23:15:06.32 ID:iY29LqxA
最近自分が猫になる妄想が止まらない。

とあるバンドのファンの喪子。
ある日胡散臭いアラサーのイケメンに魔法をかけられ猫にされてしまう。

猫になった喪子は、ひょんなことから自分がファンの
バンドメンバー四人と一つ屋根の下で暮らすことになる。
メンバーはそれぞれ猫(喪子)をかわいがろうとするが、喪子は
恥ずかしいやらなにやらでつい逃げてしまう。

それでも優しく接してくれて、心を開くように色々してくれるメンバー。
根暗だけど毎日世話をしてくれるボーカル、ちょっかいをかけながらも
最終的には優しいギター、かわいい洋服とかを着せてくるベース、そして
人なつこくてやたらと可愛がってくれるドラム。

そんな四人に、次第に心を開いていく喪子。
けれど同時に、自分が猫だから可愛がられてるというジレンマもでる。
現実では彼らに近づくこともできない、このまま猫でもいいかな、と
思い始めたころ、喪子を猫にした張本人が再び現れる…

ここから色々あって各メンバールートに入るとこまで考えた。
個人的にはドラムルートがお気に入りだけど、他メンバーも捨てがたい。



片桐くん家に猫がいる 5 バンチコミックスエキストラ / 吉川景都
posted by moge at 22:40 | Comment(19) | 妄想

2012年02月09日

浮き世離れした小説家と、探偵業をする妄想

人に言えないような恥ずかしい妄想をするスレ12
ttp://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1326534380/72
@喪女板

72 彼氏いない歴774年 sage 2012/02/09(木) 10:54:21.29 ID:YhrGL46x
浮き世離れした小説家と、探偵業をする妄想が止まらない

・先生 そこそこ名の知れた推理小説家、30後半〜40代 飄々としている色男
・喪子 出版社に勤める、やる気有り余る新人。先生の担当となる。

先生は小説のネタの為に探偵業もやっていて、
締め切り前でも探偵の依頼があればフラフラ旅立ってしまう。
喪子はそれを追いかけていって、その度に殺人事件に巻き込まれる。
そのうちに「女の子だと色々危ない、付いてくる時は男装をするように」と言われ
探偵助手の少年として手伝いをするように。

女タラシの先生が、その容姿と話術で依頼先の
未亡人やワケありの女中を口説いてウフンアハンしている
(ただのタラシと見せかけて、実際は鍵を握る人物だったり、
秘密を知る相手を見抜いて口説いている)のに呆れながら、その間
単独で調査をする喪子

「いやぁ喪子さんは働き者だねぇ」
「先生も真面目にやってくださいよ!」

なんてやりとりをする

で、喪子が一人 事件の真相に辿り着いた所で犯人の罠にかかったりする
そこを先生に助けられたりなんやりで 段々恋心が芽生えていく

先生は行く先々の女性に甘い言葉をかけるのに、
自分は少年のフリをしなくちゃならない、男扱いしかしてもらえない。
自分だって先生にあんな風にされてみたい・・・でも喪子なんて・・・と
報われない恋に泣きたくなったりする

でもたまにドキッとする台詞を言われたり
喪子が命の危険を回避した後 強く抱きしめられたり
実は先生の深い愛で包まれている、というのをじわじわ感じていきたい

ちなみに脇キャラとして、神出鬼没のお調子者系新聞記者、
クールダンディ刑事&キザ美形刑事コンビなんかもいる。
記者には一緒に事件の調査等している内に片思いされ、
ダンディ刑事に「放っておけない奴だ・・・」と優しく甘やかされ、
キザ刑事に初めはガキ扱いされるも、段々と意識され・・・

という手に負えない妄想しながらフガフガしてる ブヒヒ
posted by moge at 23:02 | Comment(24) | 妄想

2012年02月08日

報われない妄想

人に言えないような恥ずかしい妄想をするスレ12
ttp://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1326534380/68
@喪女板

68 1/2 sage 2012/02/08(水) 10:23:09.03 ID:VLMIikff
よく好きな虹キャラを絡ませた報われない妄想をする。

虹キャラと喪子は紆余曲折の末に結ばれ、幸せの真っ只中にいた。
が、時代は戦に呑まれ、混沌の中で虹キャラと喪子は離れ離れに。
喪子は死んでしまったのでは…と落胆する虹キャラを慰める原作主人公。
徐々に彼らは距離を縮めていき、とうとう恋仲に発展してしまった。
一方喪子は軍に捕縛され、その特異体質から様々な薬物実験の素体とされる。
不死の身体を得たものの、肌が爛れ理性は崩壊し、
既に人としての尊厳は失われていた。
戦は激化していく一方、喪子は実戦投入される。
幾百の殺戮を繰り返し、醜い体を引きずって乗り越えた戦線の先、
虹キャラと喪子の再会は果たされる。

虹「…!?喪子…か…!?」

喪子は答えない。言葉を言葉として認識する理性も残っていない。
ただひたすら目の前の生命が沈黙するまで、猛攻で虹キャラを追い立てる。
頸脈を千切られても心臓を貫かれても、脳を貫かれても喪子が死ぬことはない。
――ここまでか。
喪子が虹キャラの剣を弾き、鋭眼を光らせる。
喪子を化け物に変えてしまったこと、喪子を守りきれなかったこと、
喪子が生きていることを信じて続けることができなかったこと、
様々な後悔の最中、虹キャラは絶命を覚悟した。はずだった。


69 2/2 sage 2012/02/08(水) 10:24:16.55 ID:VLMIikff
しかし最後の一撃は振り下ろされなかった。

虹キャラの援軍が到着し、近代兵器で喪子の体を吹き飛ばしたのだ。
そしてそれまで沈黙を貫いていた喪子が、かつての恋人、
そして彼らの仲間に猛攻を受けたことで、狂気の絶叫を上げ始める。
何の痛みにあえいでいるのかは誰にも知れない。

援軍が到着してからというものの、喪子は防戦すらままならずに、
ただ一方的な暴虐を受け入れるしかなかった。
いかに不死と言えど、四肢を引き千切られ強大な砲撃を何度も浴びては、
肉体の崩壊は避けられない。
その様子を呆然と見つめる虹キャラ。

人の首と胴体を象った不死の化物。
かつての温和で優しげな喪子の影貌はどこにもない。
ただ愛してやまなかった恋人の幻影を、虹キャラだけが見つめていた。
喪子の肉体全てを砕かんと一斉放射の号令が響く。

最期に喪子が何を叫んだのか、
激しい銃撃音に掻き消され誰も聞き取ることが出来なかった。
虹キャラの心に爪痕だけを残し、喪子の記憶は時代の流れと共に風化していく。


みたいな。死ぬほど中二病な妄想。




がんばっているのに報われない人のための「認められる!」技術
posted by moge at 21:50 | Comment(10) | 妄想

2012年02月06日

逃亡中の犯人と監禁生活

人に言えないような恥ずかしい妄想をするスレ12
ttp://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1326534380/64
@喪女板

64 忍法帖【Lv=25,xxxPT】   sage 2012/02/05(日) 16:51:08.72 ID:16UMS7Ty
なんか人質に取られて、逃亡中の犯人と監禁生活をすることになった喪子
最初は怖かったんだけど、わりと優しい人だと云うことが分かり、心を開くようになる

一緒に美味しいごはん食べたり、夜、同じベッドに入って
色々話したり、たまに抱きついたりキスしたり……

犯人も自首したら喪子と一緒に暮らせなくなるから、頑張って逃亡を続ける
ツヅキアル\(^o^)/オワテナイ
posted by moge at 23:12 | Comment(19) | 妄想

2012年02月02日

妖精さんに世話焼かれたい

人に言えないような恥ずかしい妄想をするスレ12
ttp://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1326534380/55
@喪女板

55 彼氏いない歴774年 sage 2012/02/01(水) 04:12:38.36 ID:WW9MA+Rs
物心ついた頃から足の臭い、靴下にすぐ穴が開く事にコンプレックスを持つ喪子
今日もまた靴下に穴が開いてるよ!最悪だ!と憤慨する喪子がつまんでいた靴下を
放り投げると空中で突然光り輝く靴下!

思わず閉じた目を開くと靴下の代わりに羽根の生えた、一言で言うなら妖精が存在していた
唖然とする喪子を後目に自分は足の精だとフワフワ浮きながら自己紹介する妖精

もてなさすぎて頭がおかしくなったなと思う喪子だったが
鼻先で唾を飛ばしている妖精から自分の足の臭いするので現実だと認めつつファブる

それからというもの足の爪が長いから切れだの指の股まで丁寧に洗えだの
靴には10円を入れろだのそもそも毎日同じ靴を履くなだの小姑化する妖精

ウゼエと思いつつ言う事を聞いていると日に日に改善していく足の臭い
足のケアに力を入れ始めた事によって靴下に穴が開いたりストッキングが破れて伝染する事も減った

しかし、明らかに改善しているのにも関わらず相変わらず口を開けば小言しか言わない妖精
だが喪子は知っている。足ケアの伝道師として生きてきた妖精は、それしかコミュニケーション方法を
知らないのだと

今日も茶がらをシューズラックに振り撒く妖精に
これからもよろしくねと喪子は微笑むのだった

美少年でも美少女でもオッサンでもドビーでもスメアゴルでも
なんでもいいから妖精さんに世話焼かれたい



ティムと妖精オキの不思議な地底王国 【DVD】
posted by moge at 22:46 | Comment(10) | 妄想

2012年01月31日

リビングメイルとラブロマンス繰り広げたい

人に言えないような恥ずかしい妄想をするスレ12
ttp://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1326534380/53
@喪女板

53 彼氏いない歴774年 sage 2012/01/31(火) 04:48:19.31 ID:6IpsVLMf
デモンズやダクソみたいな世界観で
リビングメイルとラブロマンス繰り広げたい
ツヅキアル\(^o^)/オワテナイ
posted by moge at 23:46 | Comment(9) | 妄想

2012年01月29日

じゃあ愛してるって言ってください

人に言えないような恥ずかしい妄想をするスレ12
ttp://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1326534380/38
@喪女板

38 彼氏いない歴774年 sage 2012/01/25(水) 21:46:54.89 ID:aFc9DXv6
喪子が自信のなさのあまり自分に好きだと言ってくる男を
いまいち信じられず、「じゃあ愛してるって言ってください」などとうっかり頼む

「愛してる」=プロポーズの際に言うべき言葉と思い込んでいる男→
プロポーズを要求されていると勘違いする

「えっいいの」(←俺と結婚しても)
「えっ」
「えっ。…三ヶ月待ってください」
「えっ」
「えっ」

なぜ愛してると言うのに三ヶ月必要なのか、単に言いたくないのを
はぐらかされたのか、と思いつつあとから考えたらこっ恥ずかしい頼みを
してしまったのでありがたくはぐらかされておこうと決める喪子だったが
そのまま三ヶ月後にプロポーズされてしまってまた

「えっ」
「えっ」

どうしてそうなったでももとはといえば自分が頼んだことだし
プロポーズされたら信じないわけにもいかないしあれれー?で
ゴールインパンパーカパーン
posted by moge at 23:55 | Comment(9) | 妄想

2012年01月22日

仮面ライダーとか戦隊とかのメンバーに入る妄想

人に言えないような恥ずかしい妄想を書き込むスレ9
ttp://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1279966317/
@喪女板

774 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2010/12/23(木) 13:33:03 ID:W7qv0WkU
いい歳こいて仮面ライダーとか戦隊とかのメンバーに入る妄想が止まらん

喪子には本命がいても、次点、三番手あたりに同時に捕まえられる妄想とかも止まらん
次点三番手は喪子が好きだが、喪子は本命しか目に入っていないから次点三番手が
手を組んで喪子と本命がくっつくのを阻止しようとしてるとか。

喪子が本命と仲良くしようとしても次点三番手のどっちかが必ず
喪子の様子をチェックしてるから阻止されるんだよ。

恋愛だけじゃなくて普通に自分が「変身!」ってやってるのを妄想するだけで
テンション上がるあたりそろそろ頭おかしくなったスレ逝くべきかもしれん


775 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2010/12/24(金) 09:33:59 ID:VPePXKQY
>>774
恋愛のどうのでごたごたしてて、手首掴まれて「離してよ!」「離さない」
なんてやってる最中に敵出現の緊急コール、お互い一瞬で戦士の自分になって
パッと変身グッズに手を伸ばし声を合わせて「「変身!!」」なんていいな、萌えるわ

ちなみにいまだにチーフに片想い中です…どうやったら両想いになれんだろ…




拝啓、平成仮面ライダー様 ―「変身」と言う名の過去と未来―

posted by moge at 22:22 | Comment(18) | 妄想

2011年12月29日

サボテンが人間になる妄想

人に言えないような恥ずかしい妄想をするスレ11
ttp://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1307013683/786
@喪女板

786 彼氏いない歴774年 sage 2011/12/23(金) 22:49:23.05 ID:rMArZso+
最近サボテン休眠させてるけど構いたくて構いたくて
仕方ない欲を抑える為のサボテンが人間になる妄想

ある日家に帰ると見知らぬ青年の出迎えを受ける
お帰りなさい!と全裸で笑いながら駆け寄って来る青年に思わず通報しかける喪子
あまりにも必死で弁解するので話に耳を傾けると、自分は喪子の育てている
サボテンなのだと話し始める

人間でいられる期間は一か月だけでその後は対価として消えてしまう事になるが、
それでも世話になったお礼をする為に人間になったのだという

サボテンを育てていた事は誰にも言っていないし
水やりの周期や植え替えした時期も言い当てられ半信半疑な喪子
さらに涙ながらに信じてくれ家に置いてくれと懇願され、流されてるなと
思いつつ家への滞在を許可する

もし話が本当だったとしてもずっと家に居るのも退屈だろうとバイトを勧める喪子だったが、
どうやら外に出ようとしてと何かに遮られて出られず、喪子と一緒の場合のみ外出できる事が判明

しかし明るく留守は任せてくださいと言い、不器用ながら一生懸命に家事をこなし、
下心を一切出さず忠犬のように慕ってくるサボテンに徐々に心許す喪子

しかしあっという間に一か月が過ぎついに運命の日がやってくる
別れの時間が来たと微笑むサボテンに喪子は最後に自分になにか出来る事はないかと言う

それならば自分が消えるのを見て欲しくないから目を瞑っていて欲しいと言うサボテン
しぶしぶ目を閉じる喪子にサボテンは今までの気持ちを吐露する

この一か月、喪子と会話を出来る事や自分から話しかけられる事が
何より嬉しく、そしてその為に人間になろうと思ったのだと言う

全てを話終えたサボテンは、今まで本当にありがとうと呟いて喪子に触れるだけのキスをする
驚いて目を開けた喪子は涙を浮かべながら微笑むサボテンにもう一度自分から口付け目を閉じる
少しずつ光となって消えていくサボテンは、喪子が次に目を開けると完全にいなくなっていた

その後、今度は期限なしで再び人間になれたサボテンと運命の再会をしたり、
サボテンとそっくりの青年と出会いどこかで会いました?と言われたり
新たに育て始めたサボテンがまた人間になって現れたり、それを見て嫉妬のあまり
根性で再び人間になったサボテンが現れて取り合われたり
何年か後、めでたく結婚できた喪子に生まれた子供が実はサボテンの
転生した姿で…みたいなドロドロな展開になったりすればいいと思います




聖剣伝説 〜LEGEND OF MANA〜
posted by moge at 00:18 | Comment(18) | 妄想

2011年12月26日

双子の義理の姉弟ができる妄想

人に言えないような恥ずかしい妄想をするスレ11
ttp://kohada.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1307013683/782
@喪女板

782 彼氏いない歴774年 sage 2011/12/23(金) 05:31:23.76 ID:JbphkHmF
双子の義理の姉弟ができる妄想
家族になる経緯はまあ適当

双子姉 かなりこじらせてるツンデレ担当
美人系で最初はつっけんどんな態度
でも気にせず世話を焼いたり普通に接してると段々デレてきて独占欲を出してくる
はっきりと言葉には出さないものの、一緒にいたいとアピールしてくる
呼び方は あなたorさん付け→どもりながらさん付け→どもりながら時々姉さん
「ね、姉さん……?お、お姉……ちゃん……?」てな感じに部屋でこっそり呼ぶ練習をしている
本当はお姉ちゃんと呼びたいけど照れが勝って姉さん呼び

双子弟 腹黒&ヤンデレ?担当
無邪気系で最初からそこそこ優しいけど腹の内は家族として認めていない
普通に接してると段々デレてきて、日常の中で少しずつ独占欲を出してくるまではツンデレと一緒
触れ合いが少しずつ増えてきたり甘えてきたりするようになる
呼び方は お姉さん→姉ちゃん
「姉ちゃん、お腹すいたー!」とかなんとか理由をこじつけては抱きついたりしてくる

お互い一人占めしてる時は妬くけど、他の誰かに取られそうな時は手を組む
二人とも姉を「自分たちのもの」と思っていて、できれば一人占めしたいなーくらいの気持ち

あーじゃれつかれてえ

posted by moge at 00:47 | Comment(3) | 妄想

2011年12月25日

時としてひどく大人びたような態度の不思議な子

人に言えないような恥ずかしい妄想をするスレ11
ttp://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1307013683/476
@喪女板

476 彼氏いない歴774年 sage 2011/10/02(日) 23:24:57.66 ID:63AW/Xd5
ドリーム妄想注意


私には小さな頃に一緒によく遊んだ男の子の友達がいた
時として年相応の少年のような、時としてひどく大人びたような態度の不思議な子
その子自身だけでなく、その子のまわりにも不思議がいっぱいで、よく冒険もしたっけ
私がどんどん大きくなると、だんだん会えなくなって……
高校三年生だった今までは、もう思い出の中でしか彼の姿が見えなかった

私は彼に手っ取り早く会える方法を知っていた、後は覚悟を決めるだけだった
彼の身のまわりの不思議に、あの時の私が恐ろしくてたまらなかったモノになる
残酷で悲惨で醜悪で凶暴で、それでも構わなかった
幸いなことに死んで清々するような連中はたくさんいて
そいつらを片っ端から殺してやった。世間的には自殺なんだけど

からんころんと、下駄の音
ああ。懐かしさにもうなくなった筈の心臓がしめつけられるような心地

彼が、来た。彼に会える

「くびれ鬼!悪さはも、う……」

あの頃と変わらない姿、調子。愛おしい
凍りついた彼の顔を眺める。
私、うまく微笑めてるかな?

「喪子……ちゃん?」

嬉しい!覚えていてくれてたなんて……!
血の気なんてある訳ないのに、頬が上気する感覚だけよみがえる

あの頃、彼によくかけていた言葉を思い出した

「さあ鬼太郎さん、悪い妖怪をやっつけて!」


妄想の中ならヤンデレとかちょっと憧れる
posted by moge at 00:42 | Comment(7) | 妄想

2011年12月24日

時折森から現れ、村を襲っては牛馬を食らう落ちぶれた狼神

人に言えないような恥ずかしい妄想をするスレ11
ttp://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1307013683/142
@喪女板

142 彼氏いない歴774年 sage 2011/07/13(水) 01:46:59.73 ID:A3zjYE8G
時折森から現れ、村を襲っては牛馬を食らう落ちぶれた狼神
ある時襲撃した村の長に「生贄をやるから村を襲わないでくれ」と懇願され
約束を守る気はさらさらなかったがタダ飯食えるだけいいやと承諾する狼
しかし森に分け入り狼の元へ現れた生贄は、肉付きのいい乙女でも無垢な
赤子でもなくガリガリにやせ衰えた体に豪奢な衣を纏った幼子だった
ツヅキアル\(^o^)/オワテナイ
posted by moge at 23:43 | Comment(12) | 妄想

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。