2008年05月26日

萌拳

人に言えないような恥ずかしい妄想を書き込むスレ4
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1210173542/l50

48 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2008/05/25(日) 14:57:45 ID:B4saFmCz

萌えを”力”として使い、自在に操る事に成功した拳法・萌拳。
新弟子タカシは今日も老師の元で修行に励む。

― おにいちゃんはわたしとあそぶんだから!ね、おにいちゃん! ―
― こら、おじさんおばさんを困らすもんじゃないぞ ―

タカシ「うおぉぉぉぉぉおおぉぉ…!」
しかしタカシの手のひらに包まれた萌えオーラは
ビー玉サイズのまま中々大きくならない。

老師「手本を見せてやろう」
タカシ「お願いします」

― やぁん、おじいちゃまのおひげ、くすぐったぁい! ―
― ん?そーかそぉか、よぉしよし(モフモフ) ―

瞬間、老師の眼前にタカシの身長をも超すオーラが出現する!

老師「励めよ」
タカシ「ありがとうございました!」


暇な時間に8コマ漫画1ページずつくらい妄想している。


posted by moge at 01:18 | Comment(16) | 妄想

2008年05月02日

ポケモンの世界で

人に言えないような恥ずかしい妄想を書き込むスレ3
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1188213189/l50

854 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2008/05/01(木) 23:44:39 ID:d4nhpjb4

ポケモンの世界で妄想

自分はクチバシティでカフェを営むおっとり美人
顔だけで客が来てると言われないよう日々美味しいコーヒーの研究
その甲斐あって、クチバシティやハナダシティ、わざわざサントアンヌ号に乗ってまで
来店してくれるお客さんも多い

手持ちのポケモンはリザードン一匹
無愛想で人になつかないが私にはよく甘えてくる
お店ではコーヒーの培煎やお湯を沸かすのを手伝ってくれる

ロケット団やナンパ客が来ると撃退してくれるが、
当の私がナンパだと気づいていないのでこっそり苦労している
そんななので周りの人は「いくらでも嫁の貰い手がいるのに…」と溜め息を吐いているが、
「私にはこの子がいるから」と話にならない
むしろ「リザードンのお嫁さん見つけないと」なんて言うのでリザードンは青くなったりする

そんなある日、エンジュシティからやって来たと言う青年に出会う
写真家になりたいという夢を語る彼に惹かれていくが、世界中を回る修行中の彼は旅立ってしまう
違う国へ行く度に彼のオニドリルから届けられる写真を店内に飾るのが唯一の楽しみに
そんな日々を送りながら、今日も私はリザードンと美味しいコーヒーを入れ続ける


この後再会するがリザードンが彼を認められなくて家出する編や
リザードンのお嫁さんを探す編があります\(^o^)/
posted by moge at 16:00 | Comment(23) | 妄想

2008年04月30日

赤色のトカゲ

人に言えないような恥ずかしい妄想を書き込むスレ3
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1188213189/l50

464 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2008/01/08(火) 14:00:27 ID:W7jPdO67

ファンタジー妄想。

モジョーは放浪の剣士で、モンスターを狩っては賞金を稼ぎ、のらりくらりと暮らしている。

ある日森で狩りをしていると、見たこともない程鮮やかな赤色のトカゲが死にかけていた。
大きさは猫程で、うろこは宝石のようにキラキラと輝き、2本のツノまで生えている。

こりゃあめずらしい!死ぬ前に見世物小屋に売れば儲かる!と持ち上げたら
口から炎を噴いた。あやうく髪が焦げそうになって叫ぶ。

「なっ…にすんのよこのクソトカゲ!」
「ざけんな!俺はトカゲじゃねえ!由緒正しき精霊サマだ!」
「ヒッ!?しゃべっ・・・!?!」

とまあありがちな展開で、なぜかしゃべるトカゲと共に旅をすることになる。

トカゲは超俺様で、いつもモジョーの肩にのっかって文句ばかり言う。

モ「ちょっとアンタ重いんだけど」
ト「俺様を歩かせられるのは魔王さまだけだ」

とか

ト「俺はウサギの肉しか食わないぞ」
モ「ハァ?!アンタ肉食なわけ?!」

とか食べ物からモジョーの男の趣味にまで小煩い。

しかしその炎を操る力で、モンスター狩りの良きパートナーになっていく。
普段は言い合いばかりしている1人と1匹も、戦いになると絶妙に息が合った。

トカゲとのコンビで日に日に名を上げていったモジョーの元には、
危険な依頼なども舞い込むようになる。

ある日、砂漠に住む巨大クモの退治の依頼が来る。
モジョーは行くといったが、トカゲはそれを止めた。

ト「あのクモは危険だ。俺達の力では倒しきれないかもしれない」
モ「なんで巨大クモの事知ってるの?」
ト「…まぁ、ちっとばかし縁があるんだ。昔な」

と煮え切らない態度。

465 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2008/01/08(火) 14:01:53 ID:W7jPdO67

しかしモジョーはどうしてもクモを倒したかった。

モジョーの故郷は砂漠のオアシスにあったが、
彼女が10歳の時巨大クモに襲われ壊滅したのだ。

「父さんも母さんもあいつにやられた。これ以上野放しにはしない」

モジョーの決心が固いのを見て、トカゲはしぶしぶクモ退治を了承したのだった。

そんなこんなで砂漠に向かう。

いつもよりも厳しい環境での野宿は、二人の会話をはずませる。
モジョーは今までトカゲが炎の精霊で数百年生きている、という程度の事しか知らなかった。

ト「俺は魔王様に仕えていた。」
モ「魔王…?っておとぎばなしの?」
ト「ハハ。今はおとぎばなしって事になってんのか。でも違う。魔王様はいるんだ。」

モジョーは魔王だなんて伝承でしか聞いたことがないし、信じられない。
ただトカゲがいつになく大人しく嫌味も言わないので、とりあえず頭をなでてやった。

そんなこんなで巨大クモを探し出し二人は戦闘を開始する。
が、その大きさに二人は手こずる。

ト「何かが…。何か異様な力を感じる…」
モ「どういうこと?!」

ゴゴゴゴ、と言う音に見上げると、クモの頭上に黒い雲が集まっている。
クモが足を一振りすると、雷が轟きトカゲに命中した。

モ「トカゲ!!!」
ト「ぐっ…これは魔王の…」

どういうことだ。
クモが魔法を使えるだなんて聞いたこともない。

モジョーはトカゲをかばうように剣を振るうが、クモは素早く捉えきれない。
ついには剣も弾き飛ばされ、モジョーは地面に押さえつけられた。

針のように鋭い足がモジョーの顔面に狙いを定めている。
もう駄目だ!モジョーが硬く目をつむった瞬間、キィンと何かを弾く音がした。


466 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2008/01/08(火) 14:03:30 ID:W7jPdO67

恐る恐る目を開けると、見えたのは、赤。
腰まで届く赤い髪に、褐色の肌。頭には2本の角。

「ハッ!今の一撃は効いたなァ。おかげで人型に戻れちまったぜ!」

まさか。まさか。

モ「…トカゲ?」
ト「おーよ」

人型に戻ったトカゲはとんでもなく強く、あっさりとクモを倒す。

モ「あんたなんで今までトカゲの姿だったのよ!」
ト「死にかけてたから魔力全部回復にまわしてたんだよ!」
モ「とっくに全快してるじゃないの!」
ト「トカゲの姿のほうが省エネなんだ。っつーわけで戻るわ」
モ「ちょっ!」

そんなわけでトカゲの姿に戻ってしまった。

このあとピンチの時だけ都合よく人型になりモジョーを助けるトカゲに嬉しいやらムカツクやら。
いずれ魔王の陰謀に巻き込まれていくのだが、それはまた別の話。


……っていう厨二病妄想をいつもしてるよ!長くてゴメン\(^o^)/
爬虫類大好きでゴメン\(^o^)/

この後ヘタレ神官とかツンツン魔法使いとか
勘違い自称勇者が加わってトカゲが焼きもち焼くよ\(^o^)/



Gojiro 〜南太平洋の巨大トカゲと日本少年の愛と友情の物語
posted by moge at 11:31 | Comment(39) | 妄想

2008年04月10日

脳内予告編

人に言えないような恥ずかしい妄想を書き込むスレ3
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1188213189/l50

768 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2008/04/09(水) 22:48:54 ID:rOLo4oKI

大学のサークル仲間たち。

悩んだり笑った知りながら、平和な日常を送っていた私達は、
ある日突然不思議な空間に飛ばされた。

大学のキャンパスそっくりの空間。

だけれど、そこには私たち以外の学生や職員はひとりもおらず、
その代わりに見たこともない化け物が徘徊していた!

ピンチに次々と覚醒する私達の超・能・力!
背後で見え隠れする謎の組織と巨大な陰謀!

なんで私たちだけが…元の世界に帰りたい…

そう思いながら、やっとのことで辿り着いた図書館で
私達は、この謎の空間の正体と、帰るための驚愕の手段を知ることになる…!

「帰るんだ…みんな…一緒に…」

<漂流キャンパス>

2008年 夏 公開

↑こんな感じの脳内予告編。

物語の後半、サークルのマスコットキャラ的な
女の子(以下A。Bと仲が良い)が敵の組織に攫われたので
自分とリーダー格の男の子(B)と二人で助けに行く。

なんとか助けだしたものの、Aは怪我してて気絶中。
そこに倒したと思ってた化け物が復活!

すかさず冷静な私が立ちはだかり

「B。Aちゃんを連れて、みんなと先に合流して。ここは私が」

とカッコよく言い放つ。

「いや俺が残る」

と言いはるBに、

「あんたのほうが走るの早い。
 早くAちゃんの怪我を治してあげないと跡が残るかもしれない。
 可愛い女の子をキズものにする気?」

と凄んで、無理やり行かせる。

ばーか。
実は自分も怪我してるくせに
男の子の意地で痛いの我慢してるのなんてお見通しだってーの。

と心の中でつぶやく。

そして、一人で戦うのには少々荷が重い敵と対峙する私。

「…大切にしてあげなよ。Aちゃんのこと。
 私なんかより、ずっとお似合いだから」

似合う似合わない以前に、私じゃそういう相手と
見られてなかったよね?とかっこよく嘲笑しながら
画面はフェードアウト。

その後行方不明になり、スタッフロールあたりで実は生きてましたとか
超絶パワーで復活しましたって感じになってEND。

現実の知り合いでこんな妄想してる自分がなさけないorz
posted by moge at 22:17 | Comment(15) | 妄想

2008年04月07日

ゴールデンのバカ犬になって

人に言えないような恥ずかしい妄想を書き込むスレ3
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1188213189/l50

703 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2008/03/21(金) 22:28:12 ID:E/W0I5fm

雌犬になりたい。ゴールデンのバカ犬になって忙しそうな
ご主人様にかまってかまってして困らせる。

ご主人様が自宅につれてきた人間の雌と楽しそうにしてい
たら自分の方がご主人様と仲いいんだぞってマウントして
やる。

常日頃から私が人間だったらとかご主人様が犬だったから
とか妄想する。

隣の庭に犬の中ではイケメンツンデレのハスキーが何かと
突っかかってたりして、彼には内心まんざらでもないけど
ご主人様との間で心揺れ動いちゃったりする。

なぜかマウントしてやった人間の雌がご主人様の家に住み
着く。人間の雌はご主人様とおんなじきらきらしたものを
左薬指にはめている。

ある日、ご主人様の留守中に隣のハスキーが高い柵を飛び
越えてきて半ば強引に犯されて(本犬もまんざらではなか
ったのだが)身ごもってしまう。

ハスキーとの子犬が産まれるけど彼女はバカ犬で子作りも
ろくに理解していないのでご主人様との子供だと信じ込ん
むが。子供たちの毛が生え揃ってくると、一匹また一匹と
どこかへ連れて行かれてそれっきり帰ってこない。

おなかの大きくなっていた人間の雌のおなかがすっかり小
さくなりがちっこい人間を抱いて帰ってくる。
バカ犬は自分とご主人様の子供が人間になって戻ってきた
のだと思い込む。


うん、あぶないな自分
posted by moge at 16:44 | Comment(23) | 妄想

2008年03月31日

私はドラゴン

人に言えないような恥ずかしい妄想を書き込むスレ3
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1188213189/l50

725 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2008/03/29(土) 01:35:42 ID:flqeri3y

私はドラゴン。

まだ小さいけど、他のドラゴンたちと同じように
空を飛んだり火を吐いたり出来る。

力試しに挑んでくる馬鹿な人間を相手してやったり、近所の村を
襲って遊ぶ他のドラゴンたちとは違って私はある人間たちと一緒に
冒険をしている。

人間たちが呼ぶところの勇者の青年と、亡国の姫である魔法使いの娘と一緒に。
私は別に彼らに鎖で捕らわれてるワケではなく、面白そうだったので付いて
いってあげてるだけ。

なんて、ホントは群れからはぐれた私を勇者が拾ってくれた。
普段『野宿するから見張りやってろ』とか『夕メシ捕ってこい』とか
ドラゴン使いが荒いヤツだけど薪に火をつけるくらいしか能の無い私でも
真っ先に敵から守ってくれたり、ちょっとクシャミで煙はいたくらいで
『寒いのか?こっちこいよ』って毛布に入れてくれたりする良いヤツだったりする。

亡国の姫は旅の途中で亡国の騎士団と出会い、国を復興。
勇者に王の座が贈られることになった。

私要らないよね。
旅しないならドラゴン要らないよね。
てかドラゴン従えてる王様なんて、この世界じゃいいイメージじゃないし。

あ、いいこと考えた。私狂ったふりして勇者に殺されればよくね?
頃合見計らって魔力つかって大きくなって、二人に火を噴きかけた。
あれ、私結構ノリいくね?

・・・狂ったフリじゃなくて、私実は嫉妬してるんじゃ・・・

私はドラゴンのプライドを保つ・・・という尤もらしい理由をつけて
半径100kmを火の海にして勇者も姫も国も何もかも燃やし尽くして自害した。


・・・・・実は昨日見た夢から妄想。
ドラゴン飼う妄想はよくするけど、自分が竜になる発想は無かった。
posted by moge at 23:08 | Comment(18) | 妄想

2008年03月18日

分岐有り

人に言えないような恥ずかしい妄想を書き込むスレ3
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1188213189/l50

691 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2008/03/17(月) 03:35:05 ID:yDKvtUdF

日本海を展望できる、小高い丘の上にあるカフェレストラン。

友人に連れられて訪れたその店で、出された料理のあまりのおいしさに
ソースまでパンでさらってに食べて、お皿ぺかぺか状態で終了。

ウェイトレスのおねえちゃんに笑われて、友人には
「恥ずかしいなー」と言われ、

「いや…ソースまでさらうのはシェフへの賛辞だから…」

とか言ってるところへ厨房からえらい勢いで飛び出して来る青年。

「あの!
 ものすごくきれいに食べてくださったのはどちらのお客様ですか?」

「え…わ、私…デスケド…」

「ありがとう!!感激です!!ご満足いただけたのなら、嬉しいです」

「こ、こちらこそ。鶏の皮がパリッとしてて、ソースもすごく
 美味しかったです。バゲットがまた絶品で…」

「そうですか!?パンも全部僕が焼いてるんです!」

目を輝かせて話しかける青年シェフの笑顔にドキドキしながら
料理の話をしていると、モテ子な友人が会話に割って入り、シェフの
個人情報を聞き出そうとアプローチを始め、水を注された形で
なんとなく会話終了。

会計を済ませ、化粧室に行った友人待ちをして
外の展望デッキに出ると、猫が一匹。

懐いて来たのでモフらせて頂いていると、
何を聞きつけたのか店の裏手へ走って行く猫。

なんとなく付いて行くと、先ほどの青年シェフが
ゴミ出し(と、猫にランチw)を終え一服つけているところだった。

猫が私の方を見て「にゃあ」と鳴き、彼がこちらに気付く。

何か言わなきゃ!と心の奥底から信号が出ているが
喪なので何と言ったらよいか解らない。

「午後の憩いのひととき(笑)です」

ニヤ、と口角を持ち上げる。
さっきとはまた少し違う雰囲気に、心臓がちょっと踊る。

「タバコ、吸うんですね」

「あ、うん。…イヤ、ですか?」

「嫌じゃないけど、料理人さんってタバコ吸わないと思ってた」

「何故?」

「海原雄山が激怒してたから」

「か…」 

うわ、目がまん丸になってる!
しまったあぁぁぁぁぁ!! 私のアホうぅぅぅぅ!!!!

稲村ジェーン級の怒濤のやっちまった感に襲われて
頭真っ白の私の目の前にやおら猫の顔と肉球が突き出された。

「『この鯉のあらいを作ったのは、誰だあー!!』」

「!!?」

「にぁあー」

海原雄山のフリマネをさせた猫を両手に抱えたまま
彼が弾けるように笑い出す。

一気に緊張がとけて、私も笑い出す。

猫だけがキョトン顔。

「いや、スミマセン…しかし…プッ…いいなぁ、あなた。ステキだ」

「ステキって…おかしいとか、変とはよく言われるけど…モテないし」

彼が口を開きかけた時、私を呼ぶ友人の声が聞こえた。

「私、行かなくちゃ。
 お料理すごく美味しかったです。ごちそうさまでした」

「ああ、最高の賛辞をもらって、僕も嬉しかったです。
 これで一ヶ月は頑張れるかなぁ」

「あら、一ヶ月だけですか?たったの?」

「うーん、もっと短いかも。…だから」

すい、とさし出された右手。
水仕事で荒れているけど、整えられた指先。

つられて出した私の手に、経験したことのない優しさと強さで指が絡まる。

「また来てください」

彼の手を離れた猫が、私の足に頭をこすりつけてグルグルと喉を鳴らす。


この後、モテ子友人がシェフは自分に気がある!と吹聴したり、
新メニュー作りに協力名目でデートに連れ出されたり、誕生日に
ケーキ渡されたりという日常ほんわかスロー恋愛イベント編と、
カフェの展望台から、某国の不審船の工作行動を目撃してしまった二人が、
某国のみならず自国の諜報機関にも追われつつ、陰謀阻止に立ち向かう
エスピオナージアクション編とに分岐して進展・妄想しています。
posted by moge at 17:14 | Comment(18) | 妄想

2008年03月07日

静かに生きていきたい

喪女なら妄想しながら眠りにつくよな?
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1196178489/l50

239 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2008/03/06(木) 01:09:56 ID:OFZHc36j

妄想の中では、オクテで優しいおっさんに飼われている猫になっている。
別に美猫でもない、ありきたりな雑種猫♂(ずっしり骨太系が好きなので)。

おっさん仕事から帰宅:玄関にお出迎え&すりすり「おかえり〜」

おっさん夕食:
 フラレタだの仕事でぽしゃった等の、
 おっさんの愚痴を聞く、が途中で飽きて寝る。

おっさん風呂:
 睡眠続行or洗濯機の振動を満喫

おっさん2ch:
 佳境に入った頃に、むりむりと胡坐の中に割り込む。
 たまにおっさんの顎に頭突きしたり、腿の上で座りなおして悶絶させる

おっさん就寝:
 とりあえず暖房が消えて寒いので、一緒に布団に入る

自分が猫とかいうと「あたしってぇ〜猫みたいな女だから〜ミャハ」かよ!と
突っ込まれそうだがむしろ、地味なオッサンとありきたりな猫、静かに
生きていきたいなと。



G線上の猫 第3集
posted by moge at 10:43 | Comment(6) | 妄想

2008年02月23日

大量のオカマと

人に言えないような恥ずかしい妄想を書き込むスレ3
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1188213189/l50

579 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2008/02/14(木) 03:58:11 ID:auclxytH

大量のオカマと買い物したりスイーツ共を
あざ笑ったりとかして練り歩くという妄想。

カマ1「あらやっだぁん!あの娘どんだけ〜wwwwwww」
カマ2「それに比べてうちの喪女ちゃんは上品で可愛いわぁ〜」
カマ3「そりゃそうよ〜、だってアタシがコーディネートしたんだもの〜」
カマ4「ホラホラ喪女〜、コレなんてどう?似合うわよ〜」
カマ5「あらあらん、着替えるなら化粧も変えちゃう?」
カマ6「ほ〜ら、あなたにお似合いの花束作ってみたわよ」
カマ7「早速このままゲイバー行きましょうよん」
カマ8「アンタねえ!今日はこの後映画見に行くって言ってたでしょーが!」
カマ9「じゃあアンタだけ行ってきなさいよ」


・・・・文字に起こしてみるとただのおばちゃん集団と姪っ子だなコレ・・・
posted by moge at 14:44 | Comment(19) | 妄想

2008年02月20日

休日はみんな仲良く麻雀三昧

人に言えないような恥ずかしい妄想を書き込むスレ3
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1188213189/l50

425 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2007/12/23(日) 02:45:07 ID:1OjmVLj/

赤木しげるが長男
森田鉄雄が次男
伊藤開司が三男
お父さん平井銀次
しげる達の母=私

三男のカイジがお友達の佐原君や船井君にからかわれたり
しょっちゅう借金抱えて帰って来るけど、
長男と父がどこからともなく大金を持ち帰るので安心。

最近、長男が裏の鷲巣おじいちゃんの所に
遊びに行っているらしいので…感激

しげるは無愛想な子だけど本当はいい子だって
お母さん気付ています。

次男はお父さんを尊敬していてたまに仕事の手伝いをしてくれる。
一番ガタイが良く、男らしく成長してくれました^^

三男は良く指を切ったり耳が取れたり生傷が耐えない子ですが
よく泣いたり負けん気が強かったり…正直な子に育って嬉しい限りです

血は繋がってないけど休日はみんな仲良く麻雀三昧。


この妄想で半年は生きれる…
二次元妄想大好き\(^o^)/

428 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2007/12/23(日) 22:47:29 ID:ryPMh+tl
>>425
私の大事な天和通りの快男児が見当たらないとは
どういうことだw


429 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2007/12/24(月) 10:18:42 ID:7LH3AsVi
>>428
そりゃ>>428の横にいるからでそ。
posted by moge at 10:26 | Comment(6) | 妄想

2008年01月16日

うちに居る

人に言えないような恥ずかしい妄想を書き込むスレ3
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1188213189/l50

486 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2008/01/13(日) 05:52:38 ID:HA288MF3

ボーカロイド達がリアルにうちに居るという、喪男みたいな妄想。

ちっこい姿で

ミ「おねえちゃんー、おうた作ってー」
リ「おねえちゃま、だっこー」
レ「ねえちゃま、もうねようよー」
ミ「おねえちゃんはミクとお歌うたうのー!」
リ「おねえちゃまはリンとあそぶのよ!」
レ「ねえちゃまはレンとねるんだよう・・・」

はいはいおねえちゃんお勉強終わったら遊んであげるからねー
posted by moge at 18:02 | Comment(22) | 妄想

2008年01月15日

脳内処理発動

「あ、 ほも 」と呟いた 瞬間 。5
ttp://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1198699861/l50

362 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2008/01/14(月) 20:20:32 ID:upJ/AXomO
訳ありで思い出した。

名古屋大須で見た二人組。

一人は背の高い男前のオシャレ系、
もう一人は眼鏡でリュック背負ったいわゆるアキバ系。

大須はオタク系の店と輸入雑貨を扱う店やら
古着屋やらやらがごちゃごちゃと同居してる商店街なので
どっちのタイプがいてもおかしくないが、両者がつるんで
いるのを見るのは珍しい。

横断歩道ごしに何となく見ていると、何やら
アキバが興奮した様子でオサレをなじっている。

オサレの両肩をつかんで壁に押し付けるも、
オサレは無表情で一方的に言われている様子。

二人の風体があまりに異なっていたので、アキバがオサレに
因縁でもつけているのかと思いきや、次の瞬間、アキバが
がばっと、オサレを抱きしめた。

オサレは沈痛な面持ちで、されるにまかせていた。

何だったんだろ、あの二人組。
今もって設定がさっぱりわかんないよ!!
 
ツヅキアル\(^o^)/オワテナイ
posted by moge at 17:54 | Comment(13) | 妄想

2007年12月27日

少女マンガ的妄想

人に言えないような恥ずかしい妄想を書き込むスレ3
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1188213189/l50

439 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2007/12/26(水) 23:18:03 ID:ix/2Bjg6

どうもファンタジーは思いつかないので
少女マンガ的な現実に再現できそうなことばかり妄想してしまう

キモいから注意

・高校でバスケ部とかバレー部とかの運動部のマネージャーになって、
 3年生の先輩(もちろんキャプテン)に恋をする。

・部活内には同学年の男子Aがいる。
 ちょっかいをかけあって遊ぶのが日課。

 少女マンガ的なお約束で、Aはひそかに喪女子に恋しているが、
 喪女子の先輩への恋心を知って見守っている。
 喪女子は空気を読まずにAに恋の相談をしたりする。

・ある日喪女子は先輩に彼女ができたことを知る。
 ショックでマネージャーの仕事がおろそかになり、
 何をしても上の空。

 見かねたAは、部活の休憩時間に喪女子を呼び出し、
 恋と部活は別なんだからしっかりやれと説教する。

 喪女子は「ごめんね、後半はちゃんとやるから」と
 切なげに(←これ重要)微笑み、わかりやすいカラ元気を
 出して(←これも重要)仕事をがんばる。

・部活終了後、喪女子が最後まで残って用具の収納などを
 しているとAがやってきて「さっきは強く言いすぎてごめん」
 とか謝る。

 喪女子が「ううん、Aの言うとおりだもん」とブリッコし、
 「もう終わるから一緒に帰ろ!」と明るく言うと、
 Aが「俺にしとけばいいじゃん」(←最重要項目)と
 怒ったように言って、とつぜん喪女子を抱きしめる。

「俺がどれだけおまえを好きか、
 全部見せられたらいいのに」(←最重要項目その2)

 なんて、ひょえーっ!ていうくらいクサいことも言ってくれる。


・・・・・・。


なんでもいいから愛されたいです。すいません。
自分キモい。自分のキモさでスレがやばい。マジKY\(^o^)/
posted by moge at 23:20 | Comment(7) | 妄想

2007年12月20日

冬チョコ

【無機物】 露 受 け 【非生物】
ttp://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1176133629/l50

734 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2007/12/03(月) 02:33:51 ID:ouh0a8dg0

冬チョコおいしいので妄想吐き出しを自重しない


チロル 今年新発売の組み合わせ
 アメリカンなイメージで、金髪そばかす
 アメフト野郎なホワイトアンドクッキー

 アジアンクールビューティで麻雀の鬼、
 でも芯は結構甘酸っぱい感じの杏仁豆腐

 都訛り和装黒髪おっとりな京黄粉(大人気)

 ロリショタぴんくほっぺに白い肌、
 でも腹黒(あんこ)なイチゴ大福


明治の板チョコ  今冬セレクトとリッチ登場
 ミルク
  普通の青年
  温厚でみんなから愛されている
  急に現れたリッチたちに戸惑い気味

 セレクトミルク
  ミルクの弟
  甘ったれ

 リッチ兄弟
  ミルクの友人
  上京したはいいが計画性皆無だったため
  金持ちのくせにミルクの狭いアパートに押しかけ中

  抹茶はマイペース動かざること山の如し兄
  ちごは享楽的テキトウ弟

  セレクトバニラはアフリカ出身の白人
  セレクトミルクと一緒に(PR、CM等で)行動するように
  明治の中の人から言われてお守り役をしている


グリコ ポッキー
 べたべたな設定で
 冬のくちどけポッキーは体が弱く繊細な男。
 非常に元気な、王子系男子キラキラな白のデザートポッキー
 ワイルド系男子ムンムンの黒のデザートポッキーという
 二人の弟がいる。二人とも兄大好き。


森永 リニューアルと新登場 三人組
 チョコフレーク 元気が有り余る男子 リーダー
 カフェオレ味  インテリ顔よしそつなし 参謀
 ホワイト     弱気 おどおど ひっつきむし

 なぜか何となく一緒に行動してしまうおかしな三人組


食べておいしい妄想して二度美味しい
posted by moge at 17:44 | Comment(8) | 妄想

2007年12月15日

人生支援ソフト

人に言えないような恥ずかしい妄想を書き込むスレ3
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1188213189/l50

355 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2007/12/08(土) 01:37:38 ID:AlRSyMws

私のパソコンに何故かインストールされていた「人生支援ソフト」

立ち上げたらあら不思議、モニタがにゅにゅ〜っと歪んだかと思うと
手のひらサイズのかわいくてちょっと生意気な「パソコンの精」が
あらわれた!

※パソコンの精スペック
・名前は任意で変更可能
・身長15cmくらい、不思議な力で空も飛べる
・何故か自分の好みの外見で現れるため、ユーザー毎に外見が違う
・ユーザーの人生に癒しと活力を与えるのが仕事

こうして始まるパソコンの精とのドタバタ同居生活…

もちろん途中で真の姿(人間サイズの超イケメン)
に戻ってイチャコラします

パソコン内の知られたくない中身には
敢えてアクセスしないという快適機能つき
posted by moge at 16:34 | Comment(7) | 妄想

2007年12月09日

唯一残されたサイヤ人の女

人に言えないような恥ずかしい妄想を書き込むスレ3
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1188213189/l50

334 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2007/12/05(水) 22:15:04 ID:IgYetp8m

ドラゴンボールの話。
私はサイヤ人の生き残りの一人。

ベジータ、ナッパ、ラディッツと一緒に地上げしてる。

年齢的にはラディッツとベジータの間、
つまり惑星ベジータ崩壊時に6歳。

下級戦士の子だけど、血の気が多いために
バーダック式に強くなって、戦闘力はラディッツよりある。

毎回地上げした後はボロボロで、ラディッツには説教され
ベジータにはバカにされる。こんな感じ↓

ラ「毎回毎回後先考えずに一人で飛び出しやがって!
  ちょっとは落ち着け!

  お前は唯一残されたサイヤ人の女なんだぞ!
  自覚を持って行動しろ!」

ベ「フン、弱いくせにそうやって突っ込むから
  そんな目に遭うんだ、馬鹿が」

ちなみにナッパは呆れたような顔で黙ってるw

3人ともそれぞれ私のことが好きだけど誰も表には出さない。
私だけが純血のサイヤ人を残す最後の希望だから
うかつには手を出せない。

私はみんなのことが同じぐらい好き。
でも好きの内容が違う。

ベジータのことは敬愛してて、忠誠を誓ってる。

ナッパのことは父親のように慕ってる。

で、ラディッツに恋愛感情を抱いてる。

兄貴風吹かされて、私より弱いくせに!と思いながらも
いざとなったら私が守ってあげなくちゃ!と思ってる。


335 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2007/12/05(水) 22:16:33 ID:IgYetp8m
つづき。

地球にはラディッツと私が派遣される。

で、本家通り悟空とピッコロが挑んできて、私が
ラディッツを庇って瀕死の重傷を負う。

今までにない程の重傷で、それを見たラディッツがブチ切れ。
2人を瞬殺(ごめん…)。

このまま侵略を続けて私を放置しておくと
じきに死んでしまうことが確実なのでラディッツは私を
ポッドに乗せて自動操縦で母艦に帰還させようとする
(ポッドには簡易治療・延命装置があるから)。

薄れゆく意識の中、死ぬなら最後に
気持ちを伝えたいと思って、ラディッツに告白する私。

ラディッツは一筋涙を流してうなづき、
無言で私をポッドに乗せ、出発させる。

母艦に着いた私は
すぐにちゃんとした治療装置に入れられ、無事完治。

その後ラディッツは地球を制圧して帰還。
それをポッド発着所で待ってる私。

ラディッツは私を見つけてすごくびっくりする。

ラ「お前…大丈夫だったのか!」

私「うん、あんたのおかげでね!
  ありがと、おかえり、ラディッツ」

ラディッツを彼の自室まで送り、
そのままそこでしばらく話をする。

ラ「良かった…お前がもうダメかと思って、
  ヤケになりそうだったんだ…」

私「(それって…)…あ、そうだ、アタシが言ったこと覚えてる?」


338 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2007/12/05(水) 22:53:29 ID:IgYetp8m

ラ「…オレのことが好きってやつか?」

私「そう。まだ返事聞いてなかったから」

ラ「…オレもお前が好きだ。
  だが気持ちに応えることは出来ん」

私「なっ、何でだよ?!」

ラ「オレはしがない下級戦士…サイヤ人の未来の為には、
  お前の相手に相応しいのはオレじゃない」

私「そんな…アタシは嫌だよ!子供産むならあんたの子が良い!」

ラ「わがまま言うんじゃない!
  自分より戦闘力の低い男の子供が欲しいなどと…」

私「だってアタシあんたが好きなんだもん!

  なあ、もしアタシがベジータかナッパの子供を産んで、
  民族の未来は守られたとしても、じゃあアタシとあんたの
  気持ちはどうなんの?それに子供の父親だってどう思うか」

言いながら勢いでラディッツをベッドに押し倒す私。


そこから先はまだ詳しく考えてないけどすごくもめる予定w

王子とナッパにラディッツがいじめられたりするよ。
そんでフリーザ編で私がスーパーサイヤ人になって
フリーザに勝つよw

もはやドラゴンボールじゃねえよこれwww

地球滅亡させちゃったけど、小さい時から一番好きなのは
クリリンでZ戦士みんな大好きだから!マジで!

posted by moge at 12:47 | Comment(31) | 妄想

2007年12月04日

そして二人は…

人に言えないような恥ずかしい妄想を書き込むスレ3
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1188213189/l50

331 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2007/12/03(月) 14:30:58 ID:RlWRmXAh

時は異世界の乱世

着物をきた子供の姿のわたしは、身の丈にあわぬ
長身の剣をもって見知らぬ家のまえに行き倒れていた

家のなかから出てきた少年にたすけられ
記憶をなくしていた私は、結果その家の子として育てられた

その家はけっして豊かではなかったが、じつは身分を隠した
皇族の家族だった。もち少年は生粋の皇子さまだが、当の本人は
子供なのでよく分かっていない

一方わたしは普通とは違う子供で運動神経や、
ふしぎな力があり人知れず悩んでいた…‥

記憶はないが子供ながらに世界に違和感を感じ、なぜか自分だけが
異質な存在であると不安になる日々

「兄上…」

「今夜は寒いな。いっしょに寝るか、○○?」

少年は、一人で眠れない時に部屋を尋ねると、こんなカンジで
察してくれる優しい兄であり、世界で唯一ぜったいの安心を
くれる存在

自分でも気付かないが最愛のひとになっていく

お互いにこのままの穏やかで満ち足りた生活がつづくと思っていたが、
兄の皇族という血がそれを許さなかった

王として身を立てなければならなくなった兄の傍にいる為に
剣をとり戦いに身を投じることに

動きやすい短めの着物で、剣をふるい兄を守る
もちろんだが妄想なのでお色気ムンムンのナイスバデー(死語)である!
乱世を生きる男たちの中には本能でわたしの異質な力に
目をつけてくる男も少なくはなく、(ナイスバデーも手伝って∨)
求婚者があとをたたない。

「わたくしは捨て子だったのです、育てて下さった兄に
 恩返しができるお相手ならば、喜んで嫁ぎましょう」

立場が劣性にある兄のためならば、手段は選ばない。
言い寄ってくる権力者の男どもに条件をつけて
結婚しようとしたりと命がけで身を捧げる

それが恋という名の想いだとも知らずに…

兄はそんな私を見るたびに傷つくが、
妹に想いを寄せている背徳から目をそらし続ける

皮肉なことに妹が自分に尽くせば尽くすほど、
その想いが強くなってしまうのだが
妹の信頼を裏切るまいと想いを隠しつづける


そして二人は…‥!


長すぎたのでオワル
つまらんのを長々とスマン
posted by moge at 17:10 | Comment(9) | 妄想

2007年11月30日

いろんなことをしちゃいます

人に言えないような恥ずかしい妄想を書き込むスレ3
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1188213189/l50

300 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2007/11/24(土) 01:55:00 ID:sw8Vy+xW

ある日のこと、私はネットを見ていると、
最近話題になっている商品を見つけた。

説明によると

・所有者が言うことには何でも(犯罪を除く)従うロボット
・男性型と女性型があり、顔や体型なども指定できる
・完璧に人間の身体を再現!肌触りや感触もそのまま
・髪型や服装などの変更も可能
・高度な学習機能があり、会話なども思いのまま
・感情機能をONにすれば、あなたに好感をもってくれたりも

…などなど ということだ。

「値段は…30万円か…」
「高いなぁ」
「でも、これがあればイケメン仕様にして、
 あんなことやこんなことも…」

〜半年後〜

「今日は頑張って貯めたお金で買ったあのロボが届く日。」
「あ〜楽しみ(ちょっとドキドキ)」

ピンポーン

出てみると、ドストライクのイケメンが。

「〇〇(私)さんに、商品のお届けに参りました。」
「あの〜…商品は?」
「私です。これからお世話になります。」
「よ、よろしく(自分で来たー!)」

…この後、名前を決めたり、自分好みの格好にしたりして
いろんなことをしちゃいます。


どうみても現実逃避です…
なに書いてんだろ orz



それはロボット
posted by moge at 00:37 | Comment(25) | 妄想

2007年11月17日

3点重要ポイント

人に言えないような恥ずかしい妄想を書き込むスレ3
ttp://human7.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1188213189/l50

272 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2007/11/13(火) 12:36:52 ID:2AHHKaEO

王道すぎてワロスだが

10歳ぐらい年下の、優しいけど
どこか壁のある少年に一途に思われる喪絵(私)。
少年はお隣さんで、家族ぐるみの付き合い。

彼が中学3年生ぐらいになるまでは、
時々トキメキ☆ハプニングなどもはさみつつも
お隣さんとしての穏やかな関係が続くが、それまで
恋愛とは縁遠かった喪絵がある日職場の男性に告白される。

びっくりしてその場は断り、男兄弟もおらず男心など
全くわからないことに問題を感じた喪絵は、少年に相談することにする。

相談を受けた少年は

「とうとう喪絵ちゃんにも春が来たんだね」

と茶化したりするが、急にマジメになって

「一回オレと付き合ってみればわかるよ」

などと言い出す。

喪絵は子どもの戯言だと思って軽くあしらっていると、
少年はちょっと泣きそうになって怒りながら

「俺だってもう大人だよ!」
「絶対誰にも渡したりしないのに」
「もっと早く生まれたかった」      ←左記3点重要ポイント

と切なげに言って喪絵を抱きしめ以下略


はー……。



ボクを包む月の光 〜ぼく地球 次世代編〜
posted by moge at 02:07 | Comment(17) | 妄想

2007年11月13日

妄想スイッチオン

チラシの裏@801板 九十四枚目
ttp://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1194496965/l50

880 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2007/11/13(火) 21:16:34 ID:fXI+8EVI0

妹が時々可愛いぬいぐるみを買ってくる。

動物のきぐるみを着たようなもの(中身が動物なのか人なのか不明)や
兎のぬいぐるみ。

あまりにも可愛らしいので「見せて」と言って膝の上に乗せてみる。

妄想スイッチオン。ぽちっ。

目の前にあるのはぬいぐるみではなく獣耳が生え、
体長が20cm程になった愛しの版権受けキャラ。
公式設定でもまだまだ子供なのでその姿が良く似合う。

「ねぇ○○(攻めキャラ)」と話しかけてるのを
妄想して手足をバタバタ動かす。

だらけた自分の体に乗せて抱きつきながら
上目遣いで覗き込んでるような事をさせてみたり
手のひらに乗っけて可愛がってみたり(性的な(ry)

妹が買ってきたばかりのぬいぐるみを腐オーラに染めてすみません。

自分はポケモソとかばかりだから
あんたの持ってるぬいぐるみの方が妄想しやすいんだ。

今度場所を聞いて似たようなのを買って来よう。
posted by moge at 23:07 | Comment(0) | 妄想

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。