2006年10月23日

かゆ うま

△本気で萎えた!あの言葉、あのシチュエーション△68

628 名前: 風と木の名無しさん 2006/04/30(日) 13:31:08 ID:2sYEAAEt



攻めが死んでしまい、禁忌の魔術を使って攻めを復活させる受け。
しかし攻めはゾンビとして復活してしまう。

受けは必死に攻めを元に戻そうとするが、やはりゾンビはゾンビ
という内容のシリアスストーリーだったのに、何故か攻めの台詞が

「受け…あぁ゙ぁ……うま…」
「お、おで…ゾンビ?…あぁうぅ…うま…」
「お肉、うまい…お肉うまい…おおぉ…うま…」
「アイ…シテ…ル…うま…」

と全ての台詞に「…うま…」がついていた。
常に何か食ってんのか?と萎えてしまった…


posted by moge at 18:36 | Comment(1) | 萎えた@801

2006年10月19日

一億五千万になります

△本気で萎えた!あの言葉、あのシチュエーション△21

218 名前: 風と木の名無しさん 04/04/08 17:09 ID:ZLnkCpsp

受け(学生)の誕生日にダイヤを買ってやる金持ち攻め(学生)。
ダイヤを有り難がる二十代の男なんてマライヒくらいだとか
思ったけどとりあえずスルー。

いちゃこらしながら高給宝石店で選ぶ場面が続きお支払いの段階になって

『店員「一億五千万になります」』

消費税はどうしたとか色々思うところはあったが次の一文で撃沈。

『攻めは内ポケットの財布から札束を取り出し
 慣れた様子で店員に手渡した』

工エエェェ(´д`)ェェエエ工 !?
一億が財布の中に入ってるって、
しかもその財布が内ポケットに収納されてるって!?

それよりも長者番付一位の税込み収入が46億の日本に於いて
1億をぽんと支払ってしまう攻め(学生)に驚きだ。
posted by moge at 22:38 | Comment(9) | 萎えた@801

2006年10月17日

誘ってんのか?

本気で萎えた!あの言葉、あのシュチエーション30

839 名前: 風と木の名無しさん 04/08/31 07:29 ID:XpdJeB1f

留学して来た外国人という設定の受け。
どうやらアゴが割れているらしい。

それに対し、初対面の攻めの台詞

「良いケツアゴしてんな、誘ってんのか?」

 _/ ̄|○

 _/ ̄|○

 _/ ̄\○

 ____○

ギャグじゃなかったよ
他の場面はシリアスだったもの…
posted by moge at 16:17 | Comment(3) | 萎えた@801

2006年10月16日

自殺手段として

本気で萎えた!あの言葉、あのシュチエーション30

787 名前: 風と木の名無しさん 04/08/30 23:42 ID:x3oefbOW

とあるキャラが、色々あって悩み尽くした挙げ句、自殺手段として

寒 い 屋 外 で 泣 き な が ら
ア イ ス ク リ ー ム を 食 べ ま く る

という手段を取った話があるのです。

…死ぬ前に発見されて未遂で済むんですけど。


788 名前: 風と木の名無しさん 04/08/30 23:43 ID:QoU9X4TB
死なせてやれ
posted by moge at 13:22 | Comment(3) | 萎えた@801

2006年10月12日

入学されちゃう

本気で萎えた!あの言葉、あのシュチエーション30

123 名前: 風と木の名無しさん 04/08/21 20:36 ID:nB5DLXoX

立ち読み苗。虹の学園パラレル。

受けは新米の大学助教授。
しかしある日ある時やって来た同級生
(10年近く留年してきた伝説の留年生)にどうしても
A大学(受けの職場)に入りたいと押しかけられ、
押し倒されてエチー突入。

そしてイく時の喘ぎ声が

「にゅ、入学されちゃう〜〜〜〜ッ!!」

ちなみにこの直後別の攻めが「そいつァ裏口入学じゃねぇのか」と
登場したが本閉じたので分かりません。
posted by moge at 09:57 | Comment(2) | 萎えた@801

2006年10月08日

本気で萎えた!あの言葉、あのシチュエーション73

△本気で萎えた!あの言葉、あのシチュエーション△73

83 名前: 風と木の名無しさん 2006/07/09(日) 04:01:48 ID:0rnsgC86

プチ萎え。

「…」とすべきところが全て「万万」になっていた。
他の文字に比べてフォントも小さいし、色も違っているので目立つ。

「あぁっ万万」
「俺は万万おまえが好きだ万万」
「2人の幸せな横顔を朝陽が照らしていた万万」みたいな…


217 名前: 風と木の名無しさん 2006/07/11(火) 03:06:11 ID:LoxMiYzD
異世界に飛ばされた受け。それを助けた騎士の攻め。
馬に乗っていつも一緒に旅をする二人に、次第に恋心が…
っていい時に作者さんのご都合によりサイトの更新が止まった。
wktkで待っていたところ、4ヵ月後に更新再開の知らせが。
思いっ切り期待しながらページを開いたら、そこには

受けと馬を背に乗せてのんびりと歩く攻めが。
他にも、宿屋に入るときに厩舎に繋がれて寂しそうにする攻め、
宿屋で飯を食いながら見つめあう受けと馬、
同じベッドに入ることになって意識しあう受けと馬…

攻めと馬の名前の取り違いによるとんでもない描写だらけだった。
途中までは脳内補完してたけど、延々と続く馬×受にはさすがに疲れた。
作者の日記には
「お久しぶりです。みなさん、○○(作品名)のこと忘れてませんよね?」
って…
忘れてたのはお前さんだろうに。


225 名前: 風と木の名無しさん 2006/07/11(火) 14:48:24 ID:hq4tG2uD
俺がお前で


226 名前: 風と木の名無しさん 2006/07/11(火) 14:49:56 ID:/Onmx4Gi
お前が馬で


229 名前: 風と木の名無しさん 2006/07/11(火) 15:17:46 ID:EP2F4jNR
俺はどこ行っちゃったんだよw


230 名前: 風と木の名無しさん 2006/07/11(火) 15:38:18 ID:F2Cj0JHH
俺は今厩舎に繋がれています


323 名前: 風と木の名無しさん 2006/07/13(木) 09:08:06 ID:HF5JBrF+
ついさっき読んでたプチ苗

ある花が好きな受け
攻めはその花がたくさん咲く場所へ誘う
「あの花畑だ」て考える受け
そしてその場所へ行き当然ガチ
そしてラストシーン

『二人はその花束を後にした』

蜂の子の話だったか…


378 名前: 風と木の名無しさん 2006/07/14(金) 03:22:00 ID:UfIkUgQi
誤字苗。

飲み会で弱いのに攻めに酒を飲まされた受け。
泥酔状態の受けを介抱する攻め、
「調子に乗って飲むからだろ」
受け、
「何言ってんだ、飲みすぎたのはアンタの精だろ!」

お前こそ何言ってんだ


451 名前: 風と木の名無しさん 2006/07/15(土) 15:49:50 ID:N49SZDSv
たった1文字の間違いで此処まで萎えたのは初めてな苗植え

攻めに良い様に攻められて感じまくる受け
ちょっと女々しさがある喘ぎはあるものの、萌えつつ読んでいたら出た。

受「や…っ………さぁ…ん…っ」


萎えるでしかしー!

間違っても、攻めの名前はヤスシではない。ヤスオでもない。
兎に角、そんな名前じゃない。
多分、「は」って打ちたかったんだよね。うん。分かってるよ。

でも、萎えるでしかしー…


453 名前: 風と木の名無しさん 2006/07/15(土) 15:56:52 ID:CuR9wPdb
キー坊…ここ、濡れてる…


454 名前: 風と木の名無しさん 2006/07/15(土) 16:03:14 ID:7Ix1Jxq5
あかんて…ヘレソが見とるわ…


455 名前: 風と木の名無しさん 2006/07/15(土) 16:04:46 ID:qcf+PulG
ちょwww


620 名前: 風と木の名無しさん 2006/07/18(火) 03:14:20 ID:sIHlymNw
攻がずっと片想いを続けてきた受が借金のかたに遊郭に売られる。
あちこちの遊郭を探し、見つけた時には受は大人気の太夫にまでなっていた。
攻はあちこちからお金を工面して、ついに久しぶりの対面へと
こぎつける。

どうなるかとwktkしてたら、
出て来た受の言葉の語尾に全て「ありんす」がついていた。
確かに廓言葉で有名なのはありんすだろうけど、無理がありすぎ。

「やめてください・・・でありんす!」
「もうあの頃の僕とは違うんですでありんす!」

なんて書かれててもう萎え萎え。
お前はキクゾー師匠の出来損ないかよw


723 名前: 風と木の名無しさん 2006/07/19(水) 16:02:35 ID:M7vXuLJu
新幹線ホームに立って、線路の方を見つめている受。
これから通過する新幹線に、攻が乗っているらしい。

自分は攻とは一緒に行けない・・・
攻の姿は見えなくてもいい。
乗っている新幹線を一瞬でかまわない、ひとめ見られればいい!(ほぼ原文)

初々しいのう、ええこっちゃ。
でも駅名は「東京」だったよ。
頼む降ろしてくれママン



830 名前: 風と木の名無しさん 2006/07/21(金) 15:19:59 ID:/KBpydZB
少年が、雨に濡れてるし怪我してて可哀想だったから、
という理由で青年を拾ってきた。

その青年の“野生の獣のようにギラギラと光る目”だとか
“細く見えるが脱ぐとしなやかで鍛えられた筋肉が”等の描写から
ワイルドなオスの匂いを感じてたんだが。

少年「どこからきたの?おうちは?」

青年「どこから来たのかじぇんじぇん覚えてにゃいでしゅ。
    おねがい、にゃんでもしゅるからどうかボクを
    ここに置いてくだしゃい」

犬を拾ってきた子供に「捨ててらっしゃい!」と言いつける
母親の気持ちがわかったような気がしてブラウザを閉じた。

少年よ、悪いことは言わんからそんな得体の知れないもの捨ててらっしゃい。

posted by moge at 15:02 | Comment(7) | 萎えた@801

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。