2006年10月06日

お母さんの顔

自分が昔描いた原稿を見返して悶え苦しむスレッド8
ttp://comic6.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1138905794/l50

854 名前: 悶え [sage] 投稿日: 2006/09/30(土) 02:25:06 ID:+MXcizbY
自分が高校の時書こうとしてた小説(途中で挫折)

主人公のメアリーは天才ロボット工学者
自我を持つ人型ロボットを作ることに成功するが
ロボットの知能は赤ちゃん並で言うことを全然聞かない

親が子供を育てるように接すればいいんだよ、と
同僚(男)が助言するもメアリーは天才ゆえに子供の頃に
親から引き離されて研究ばかりしていた

そのため親の愛情とかよく知らないので
どうしていいかわからない

育ロボノイローゼになり

「あんたなんか作らなきゃよかった!」

とヒスるメアリー


一方で軍の上層部とかそのへんのエライ人が
自我を持つロボットをよこせと迫ってくる
(兵器として利用するため)

逆らえば自分もただでは済まないが
ロボットを連れて逃げる決意をするメアリー

なにかと助言してくれる同僚(男)が
逃げる手引きをしてくれる

爆発炎上する研究所から脱出しつつ

「君はもうすっかりお母さんの顔をしている」

とか何とか言う同僚(男)

処女のまま母親になるってことで
聖母マリアにひっかけた話にしたかった

どう見てもその当時好きだった漫画とか
映画のツギハギです本当に(ry


posted by moge at 16:28 | Comment(1) | 痛快作


この記事へのコメント
  1. 悪くはないな
    Posted by a at 2006年10月07日 17:03
コメントを書く
※seesaaが重い時は反映されるまで時間がかかります。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ブログパーツ アクセスランキング ブログパーツ



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。