2011年12月23日

一国のトップに立ってあれこれやるゲーム

あなたが考える理想の乙女ゲー Part7
ttp://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/ggirl/1293982159/376
@女向けゲ一般

376 名無しって呼んでいいか? sage 2011/09/07(水) 01:47:49.20 ID:???
一国のトップに立ってあれこれやるゲームがしたい
父王なり兄王なりが亡くなってしまった所からスタート
主人公は唯一の直系王族であるものの女には継承権が無い国で
最終目的は婿取りなんだけど、そこに至るまで施政や育成もありみたいな

政治シミュ部分については乙女ゲーなんでざっくりと間接的に
各部署に人材を起用する事で進める形にして
まんどい場合用に宰相や既存の大臣に丸投げモードも用意
適材適所の配置であるほどそのキャラの好感度が上がりやすくなったり
国の力が上がって主人公のお小遣いが増えたり手に入るアイテムが増えたり

基本やってもやらなくてもいいものの、キャラを育成すると
国力が上がる他に色々イベント起きたりするといい
あと自国のキャラの中には何人か、軍事教練か政治学の育成を行う事で
どうみてもサブキャラからまさかの攻略対象昇格なんていう楽しみもあるといい

王家断絶寸前の傾国の危機って事で
近辺諸国からも攻め込んでくる将軍や王子あり
搦め手に結婚申し込みに乗り込んでくる王や王子やその使者ありで
そらもう大騒ぎ的な宮廷乙女ゲーがあったらいいなー


posted by moge at 19:37 | Comment(12) | 女向けゲー一般


この記事へのコメント
  1. 近衛兵長や子供の頃からの世話係といった身近な人間を攻略対象にするか、城下町で出会った流浪の吟遊詩人や近隣諸国の王子といった一目惚れに近いような人間を攻略対象にするか……

    誰に恋をするかで国の繁忙に大きな影響を与えそうですな
    Posted by at 2011年12月23日 20:37
  2. パレドゥレーヌが結構理想に近い気がするんだが

    工画堂はもっとこの方向性で色々出して欲しかった…
    Posted by at 2011年12月23日 21:08
  3. 蒼き狼4の顔グラいじれば解決じゃね?
    Posted by at 2011年12月23日 21:28
  4. 普通に売れそうな設定だと思う 
    KOEIがアンジェリークシリーズで出しそう
    Posted by at 2011年12月23日 21:53
  5. これは色々妄想膨らむなぁ。
    Posted by at 2011年12月23日 23:39
  6. パレドゥレーヌやれ、もしくは妖の宮
    Posted by at 2011年12月23日 23:42
  7. うん、パレドゥレーヌだな
    Posted by at 2011年12月24日 00:11
  8. 最も近いのはパレドゥレーヌだね

    あと中世ヨーロッパ風の王城が舞台のゲーム、ってことだと冠を持つ神の手(フリゲ)かな
    主人公は国のトップではなく次期王候補だけど
    恋愛・友情以外の結末もあるのでバッドエンドが好きな人にもオススメ
    Posted by at 2011年12月24日 01:17
  9. >政治シミュ部分については乙女ゲーなんでざっくりと間接的に
    なんかこの部分が、女らしいというか思い切りがよくて良いと思いました
    Posted by at 2011年12月24日 06:41
  10. 十二国がゲーム化すれば…
    Posted by at 2011年12月25日 01:13
  11. どこのパレドゥレーヌだよ、と思ったらおまいらに安心した
    Posted by   at 2012年01月09日 08:13
  12. のぶやぼかよwと思ったら、本当にそういうゲームあるのか…。
    ちょっとググってみる!
    Posted by at 2012年05月18日 00:34
コメントを書く
※seesaaが重い時は反映されるまで時間がかかります。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ブログパーツ アクセスランキング ブログパーツ



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。