2011年05月25日

荒くれ傭兵と士官学校出エリート

*9が指定したカプ・シチュに*0が萌えるスレPart21
ttp://pele.bbspink.com/test/read.cgi/801/1303400329/349
@801板

349 風と木の名無しさん sage 2011/05/23(月) 21:05:40.67 ID:KoySPG1PO
荒くれ傭兵と士官学校出エリート


350 1/2 sage 2011/05/24(火) 16:59:12.86 ID:ZW+wfLx/0
何を言ったのか、思い出してみる。

「士官学校出のエリートってだけで
 人の命を預かろうってのは、図々しいんじゃないか? え?」
「自分のタマひとつ守れやしねえひよっこ」
「俺達には命令無用だ、こっちは士官様のお気に召すように上品にできてないんでな」
「せいぜい足手まといにならねえようにな、お坊ちゃん」

そもそも自分達傭兵部隊には別の上官がついていて、そいつは
それなりに老練なたたき上げだったので不満はなかった。
言えば、若い士官はよいからかい相手だったというだけのことだ。
 
 
若い士官は何を言われても言い返さず、ただきゅっと唇をかんだり、
眉をひそめたりして、そんなところがおもしろくてまたからかわれた。
それなりに厳しく部下には接していたようだが、部下の方もなんとなく
軽く扱っているようだった。

若いというのはそれだけでつらいものだ。
つまり自分達を含め、この小さな辺境部隊は、暗い退屈な日々のうさを
若い士官相手に軽く晴らしていたというわけだ。


351 2/2 sage 2011/05/24(火) 17:08:29.27 ID:ZW+wfLx/0
忘れ去られていると油断していた部隊に急襲があったのは、一昨日のことだった。
あれから二夜が明けている。部隊は壊滅状態、援軍はこない。
残ったわずかな兵は森に隠れたが、低くとどろく回転翼、遠くに響く銃声から、
そう長く持ちそうもないことは明白だった。
傷を負った奴のうめきも、昨夜のうちにほとんどが途絶えた。

ばかばかしい。
おのれの実力を頼みに生きてきたが、ほとんど手も足も出ずここで終わりだ。

「……戻ったら畑を買うつもりだったが」

思わず漏れた自嘲に、期待していなかった返事があった。

「田舎のなのか、お前のくには?」

いつの間にか、あの若い士官がすぐ隣の茂みにいる。

「あんた、生きてたのか」
「運がよかった、と言いたそうだな」
「……ああ、運がよかったな、兵舎は木っ端みじんだった」
「……たまたま外に出ていた。部下達はだめだったろう。お前の隊は?」
「ちりぢりでわからん。まあ、こうなりゃ遅かれ早かれ誰の運命も一緒だな」

タタタ、と軽い銃声がまた響いた。遠いと思う。

「移動したいが……どこも敵でいっぱいだろう、それにお前達を集めねばならん」
「無理だよ、士官さん、じたばたしてもはじまらねえ」
「投降してもいい」

若い士官はあっさり言った。

「あんた、それでもいいのか?」
「さて。どちらにしても命がないのなら、少しは分がある方にかけたい」

驚いた。
ひ弱で経験のないこの男が、敗残の将として泥をかぶるつもりだ。

「俺たちは所詮雇われ兵だが、あんたは違う。裁判が待ってるぜ」

若いから、何も知らないから。馬鹿だから、平然として?
見返したら、疲労と絶望に充血してなおもまっすぐに俺を射た目が、
生涯忘れられない光景となった。

「俺の役割だ」

もぞもぞと藪の中を、軍服の破れを引っかけながら這い出し、

「協力してくれ。生き残っている者をなるべく集めたい」

この男を死なせたくない。惜しい。
奔流のようにせり上がった思いは叶うことがなかった。

最後に見たのは、泥まみれの背。
銃を突きつけられて、俺達をかばうように立ちふさがる。

思うたびこの胸に覚える激しい痛みだけが、俺が預かっているあの男の勲章なのだ。


posted by moge at 21:51 | Comment(10) | 801


この記事へのコメント
  1. だからどこの新刊なのか記載しとけとあれほど(ry
    Posted by at 2011年05月25日 22:02
  2. 素晴らしいな
    萌え散らかした
    Posted by at 2011年05月25日 22:59
  3. くそッ  くそっ
    Posted by at 2011年05月26日 02:22
  4. まんまキバセキじゃないか、というには少々エリート不足
    Posted by at 2011年05月26日 02:55
  5. 傭兵のなんか勘違いで
    士官さんは実は生きていて再会する続編を、早く
    預かってる勲章を激しく返してくれよ!
    Posted by at 2011年05月26日 11:09
  6. 最後に見た背中は部下達をかばって投降した時。
    投降すれば捕虜は殺されないから仕官も生きてるはず。
    傭兵の胸の痛みは仕官を失った痛みではなく、愛した痛み。
    戦争が終わって再会した時、激しく燃え上がってください!

    Posted by at 2011年05月26日 13:00
  7. >この男を死なせたくない〜思いは叶うことがなかった。
    つまり…
    Posted by at 2011年05月26日 16:18
  8. こういうの大好物っす!!

    ほらシーフォートシリーズとかさ! 軍隊モノで泥臭い男の友情的なさ!
    そういうのが読みたいです先生!
    Posted by at 2011年05月26日 22:57
  9. 学校出たてで、大した軍功もないんじゃ、裁判でも相手されないと思うよ
    いろんな意味でヘコみながら故郷に帰るといいよ
    居心地が悪くて旅にでればいい
    んで、流れ着いた田舎でry
    Posted by at 2011年05月27日 23:07
  10. 探してもう一回読みに来た
    士官さん萌える!
    Posted by at 2011年09月09日 10:40
コメントを書く
※seesaaが重い時は反映されるまで時間がかかります。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ブログパーツ アクセスランキング ブログパーツ



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。