2010年08月04日

その店のたった一人の従業員な妄想

人に言えないような恥ずかしい妄想を書き込むスレ9
ttp://namidame.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1279966317/l50
@喪女板

16 名前: 彼氏いない歴774年 [sage] 投稿日: 2010/07/27(火) 15:21:38 ID:4O8O4y9j
ありきたりだけど推理小説とかである古本屋の店主が名探偵な妄想で、
その店のたった一人の従業員な妄想が楽し過ぎる。

店主は活字中毒で身なりに頓着しない人でいつもふらふらとしている昼行灯。
でも知識が豊富でやたら人脈が広くいつも色々な所から相談を持ち込まれたり、
事件に巻き込まれたりしてそれを解決していく。

喪子はそんな店主のいる古本屋で働いている。

働いている古本屋はどこの町でもありそうな、町の中心から
少し離れた所にひっそりといつからあるかも分からない様な
多種多様な古書の積まれた小さな普通の店。
店主の祖父のから孫へと引き継がれたもの。
もちろん客も滅多に来なくて、店主は奥に置かれた
小さな古ぼけたソファで寝転んでいつも本を読んでいる。

基本的に店の管理や接客、近所付き合いをするのは喪子の仕事で、気がつくと
いなくなる店主に呆れながらも好きな本に囲まれて日々それなりに忙しく
それなりに楽しく過ごしている。

近所には古くからある個人商店も多く、それらのお店で働いていた年配の人は
店主を子供の時から知っていて、よく気に掛けたり説教をしたり差し入れを
くれたり世間話をしに訪れたりもする。

二人は初対面の人に兄弟や夫婦だと
間違われたりする事も多いが、喪子は力強く否定している。

ふらふらしてる店主の世話を焼いていて遠慮も何もない関係だけど、過去に
なんか訳ありそうな店主については店の経営に迷惑をかけなければ別に
どうでもいいと深く立ち入る事はしない。

事件に関わる中で店主の過去を匂わす出来事や、店主の発言も出てくるけど
あくまで「話したいなら聞きますよ?」というスタンスで店主は「いいや、ありがとう」と
語る事は無い。

やりきれない事件解決後に喪子が落ち込んでしまった時だけ
店主自らお茶を入れてくれ、ささやかなお茶会が開かれる。

その内店主の幼馴染みの刑事とかが出て来てお茶を飲みつつ不思議な事件の
相談を持ち込まれたり、過去のある事件がきっかけで別れてしまった美人な
店主の元恋人と事件の捜査中に再会し、実はまだ店主の事が好きな元恋人が
常連になり喪子と話友達になったり、店主と因縁のある男が現れ喪子も巻き込んで
度々対立する 展開になったりする。

喪子が片思いしてた人が犯人になって店主がそれを解決まで黙ってて
「なんで言ってくれなかったんですか」「…ごめんな」つって泣いてる喪子の頭を
ポンポンと叩いてくれたり。

なんか兄と妹みたいな感じがいいな。
基本的にはのんびりとした感じで小さな事件を解決して、
お礼に貰った高級菓子に上機嫌になる日常。



ああ探偵事務所 1 (ジェッツコミックス)


posted by moge at 22:43 | Comment(25) | 妄想


この記事へのコメント
  1. 京極堂しか浮かばないじゃないか…
    でも性格は榎さんか猿寄りな感じ…
    Posted by at 2010年08月04日 23:10
  2. 良かった米1に全部書いてあった
    Posted by at 2010年08月04日 23:41
  3. 自分は月魚かと
    Posted by at 2010年08月05日 00:26
  4. ※3
    知らない作品だからググってあらすじ読んだらなんだか…ちょっと興味が出た、ありがとう
    Posted by at 2010年08月05日 00:29
  5. ※1※2
    あれいつの間に自分書き込んだ?
    Posted by at 2010年08月05日 00:36
  6. 虹北恭助シリーズ思い出した
    Posted by at 2010年08月05日 00:43
  7. こういう雰囲気っていいよなぁ
    Posted by at 2010年08月05日 01:08
  8. 推理小説は詳しくないけれど、なんか大正浪漫な情景が脳裏に浮かんだ。店主が書生さん風な感じ?
    なんか良い妄想してるなと羨ましくなったよ。
    Posted by at 2010年08月05日 02:18
  9. 三代目明智小五郎の小林少女を思い出した
    …けど、考えてみたら全然雰囲気違った
    Posted by at 2010年08月05日 05:51
  10. 少女マンガっぽい絵柄の少年漫画として読みたい
    ないかな、そういうの・・・
    Posted by at 2010年08月05日 07:50
  11. 脳内再生される映像がセピア色だった
    Posted by at 2010年08月05日 09:07
  12. 古本屋で虹北恭助が浮かんだ
    Posted by at 2010年08月05日 10:16
  13. ※6
    よかった同士がいた
    Posted by at 2010年08月05日 10:46
  14. 淋しい狩人を思い出した
    Posted by at 2010年08月05日 11:43
  15. ※1が全部言ってた
    Posted by at 2010年08月05日 14:53
  16. 和寅になりたい
    Posted by at 2010年08月05日 20:40
  17. 栗本薫の伊集院シリーズ(喪子=森カオル)も
    同じ系統だと思う。
    Posted by at 2010年08月05日 22:27
  18. ※17
    名前出なかったから遠慮してたんだけど、言ってくれる人がいたのがうれしい。
    自分はアトムくんで連想してたけど
    Posted by at 2010年08月06日 01:55
  19. 似てるような似てないような話ですまんけど、
    RPGには酒場の親父っているじゃん。
    フラフラしてる連中に仕事を紹介するのな。
    勇者は魔王と戦うのに忙しいけど、
    それ以外の仕事もいろいろある。
    あるヤサグレが酒場を訪ねた。
    「なんか景気いい話ねえかな?」オヤジに話しかける。
    「こいつはどうだい」メモの束から一枚見せる。壁に貼ってあるわけじゃない。
    護衛の依頼を受けた。
    襲撃者が来る。撃退。「こっちも商売でね」とか言う。
    しかし後になって明らかに依頼人の方が悪である事がわかる。
    ここで親父が言う。
    「割り切れば金になる」目が笑ってない。
    さあ。どうするヤサグレ。
    ちなみにオヤジはお前の左目の下の傷を覚えている。
    Posted by at 2010年08月06日 09:38
  20. いいねこういうの
    ありそうであんまりない
    Posted by at 2010年08月06日 13:58
  21. 北森鴻の孔雀協奏曲なんかまさにこれじゃなかろうか。
    骨董屋だけど。
    Posted by at 2010年08月06日 14:05
  22. なんとなく御神楽少女探偵団を思い出した
    Posted by at 2010年08月06日 14:26
  23. 雰囲気とかもう色々ちがうけど、小川洋子の「薬指の標本」がピンときた
    Posted by at 2010年08月06日 16:30
  24. こういうゲームやりたいなぁ……小説でも良いな!
    Posted by at 2010年08月06日 17:10
  25. 確かに色々違うけど、「薬指の標本」は私も好き
    Posted by at 2010年08月07日 17:52
コメントを書く
※seesaaが重い時は反映されるまで時間がかかります。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ブログパーツ アクセスランキング ブログパーツ



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。