2010年04月29日

関係ないのはアドバルーン

801と全く関係ないものを上げるスレ 4つ目
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1236224737/l50
@801板

318 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/04/27(火) 07:42:02 ID:O7CiM57mO
関係ないのはアドバルーンですよ


319 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/04/28(水) 21:52:04 ID:SJcdDfHMO
アドバルーン見張りのアルバイト、ご存じですか?
デパートの屋上などでアドバルーンが飛んでいかないかを見張るだけの
シンプルなお仕事なのですが、この見張り人にバルーンが惚れてしまわない保証は
あるでしょうか。

見張り人にとってはただのアルバイトなので、
バルーン自体には何の感慨も持たないかもしれません。

しかしそれでも……いえ、だからこそ、バルーンは日がな一日無感情な目で
自分を見つめる見張り人に、どうしようもなく惹かれてしまうはずです。

めまぐるしく入れ替わる人々を挟んで、唯一変わらずに向かい続ける彼ら。
バルーンから話しかけることはかなわず、また見張り人も決して彼には話しかけません。
ただ彼をまっすぐに捉えるだけのその瞳に、バルーンはますます悶々とします。

挙げ句、「いっそ風に吹かれて飛んでしまえばこの人の気を引けるだろうか……」という
痛ましい冒険心と、「いや、自分の我が侭でこの人を困らせるわけにはいかない」という
けなげな良心とで板挟みになり、バルーンの心は長い一日をゆらゆらと揺れ続けなければ
ならないのです。

それでも結局思い切れないままに日は沈み、見張り人は帰ってしまいます。
後悔先に立たず、夜灯かりの点き始めた街をどれだけ見回しても、今や豆粒のように
小さくなった見張り人は見つけられません。

失意の中、バルーンは店の人間に乱暴に引き下ろされます。
抜けていく空気とともに、見張り人への想いまで暗い空に消えてゆきそうで、
バルーンは悲しみに身を萎ませるのです。


posted by moge at 02:58 | Comment(11) | 801


この記事へのコメント
  1. 感動した…
    Posted by at 2010年04月29日 04:14
  2. 泣いた…
    Posted by at 2010年04月29日 09:41
  3. アドバルーンに泣かされるとは…
    Posted by at 2010年04月29日 09:53
  4. 絵本とか童話を読んだ気分になった
    Posted by at 2010年04月29日 11:50
  5. そして、またアドバルーンは空気を入れられて膨らむのです。
    Posted by at 2010年04月29日 12:14
  6. 続編求む
    Posted by at 2010年04月29日 12:47
  7. いや、ここは見張り人もこっそり仕事以上の愛着と仕事としての葛藤を心の中でじりじりしていてほしい
    Posted by at 2010年04月29日 14:15
  8. 悲しい
    アドバルーンの幸せを願ったの生まれて初めてなんですけど
    Posted by at 2010年04月29日 16:38
  9. 数字板は掌編作家養成所なんじゃないかと時々思う
    Posted by at 2010年04月29日 21:07
  10. ※9
    それは違う。既に完成されている
    Posted by at 2010年04月30日 08:50
  11. 確かに時折やたら完成度高いのがあるなw
    Posted by at 2010年05月02日 15:22
コメントを書く
※seesaaが重い時は反映されるまで時間がかかります。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ブログパーツ アクセスランキング ブログパーツ



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。