2009年08月09日

夏の終わり

自分が昔描いた原稿を見返して悶え苦しむスレッド10
ttp://changi.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1209541023/l50
@同人板

419 名前: もだえ [sage] 投稿日: 2009/08/06(木) 06:22:12 ID:05cqfIj70
セミはオスだけが鳴く、と図鑑かなんかで見て考えたであろう話。

主人公は都会っ子な女の子。
夏休みに親が里帰りするのにつき合わされ、何もない田舎町に連れて行かれることに。
主人公は都会(ryなので、田舎は退屈で仕方ない。
始めてこの町を訪れた弟はおおはしゃぎで、主人公をセミ捕りに誘う。

セミを取りに山に行った主人公だけど、もうそんなのには興味がないし、虫はぶっちゃけ嫌い。
特にセミはやかましいので大っ嫌い。

なので、弟に捕り方を教えるために一匹捕まえると、それをすぐに逃がしてやった。

それから数日後、主人公のもとを一人の少年が訪れる。
彼は主人公が山で落としたネックレスを届けると、
「また遊びにきてもいい?」と聞いて去っていった。

以下適当に箇条書きで略。

・主人公はこの少年に恋をする

・少年も主人公に好意を持って接してくる

・恋に落ちる二人(w

・しかし夏の終わり、彼は突然少女の前から姿を消してしまう

・突然の失恋に悲しむ彼女の前に、彼が残した手紙が

・手紙には「自分はあの時助けてもらったセミで、恩返しが(ry」と書かれていた

・ラスト、都会の自分の家に戻った主人公。
 都会でも相変わらず鳴くセミの声を聞き、「…こう泣かれちゃ、忘れられないよ」でfin


……セミの恩返し?


posted by moge at 23:35 | Comment(7) | 痛快作


この記事へのコメント
  1. なんだよこれ…
    こういうの大好きなんだけどどうしてくれんだよこれ…
    Posted by at 2009年08月10日 00:35
  2. なんという浪漫倶楽部
    懐かしい
    Posted by at 2009年08月10日 01:14
  3. 米2
    浪漫倶楽部なっつかしいなおい
    Posted by at 2009年08月10日 01:44
  4. 短編でかなり纏まってるし、この人才能あるんじゃない?
    Posted by at 2009年08月10日 06:17
  5. 七日間のリミットのうちにいかにして交友を深めるかがミソだな
    Posted by at 2009年08月10日 06:36
  6. 本当は引越しで居なくなるんだけど、それが伝えられなくて蝉を借りてン年後都会で再開、というところまで妄想してから、実に蛇足だと自分にガッカリした。
    蝉のままのほうが美しいな。
    Posted by at 2009年08月10日 14:27
  7. 少年がバルタンかー
    Posted by at 2009年08月13日 23:42
コメントを書く
※seesaaが重い時は反映されるまで時間がかかります。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ブログパーツ アクセスランキング ブログパーツ



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。