2009年02月19日

初めて一緒に

弟「姉ちゃん」3スレ目
ttp://namidame.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1233294186/l50

@喪女板

115 名前: 彼氏いない歴774年 投稿日: 2009/02/19(木) 03:02:32 ID:tetI8g6F
今日は弟が唯一作れるチャーハンを作ってくれた。
油多めだったけどちゃんと完食したよ。

あと微妙にスレチで長いんだけど、

小学生の時、弟の親友のA君が家に泊まりに来た。
(当時私小3、弟とA君小1)

私と弟の部屋は二段ベッドで、上が私で下が弟の床だった。
その日は弟は母親と寝、A君は弟の床を使った。
布団に入って何時間もしてるのに、下のA君は全く寝付けなかったらしく、
私が一緒に寝るかと声をかけた。

そしたら、うんと言って私の布団に入ってきた。
その日は強風で、どうやらその音が怖かったらしいのと、
A君は母子家庭で一人っ子なので母親と毎日寝てるから一人で寝たことがなかったらしい。

私も幼いながら子守唄を歌ってみたりしたらA君はすぐに熟睡した。
翌朝もA君は変わりなく元気だった。

学校も卒業して進学先も違うと、弟とA君は疎遠になっていって、
私もA君の存在は曖昧なものになって行った。


116 名前: 上の続き 投稿日: 2009/02/19(木) 03:03:40 ID:tetI8g6F

つい先日、駅で歩いていたら、
お姉ちゃんお姉ちゃんと声をかけられ振り向いて見ると、おっきくなったA君が居た。

適当に身の上話をしたんだけど、A君は彼女と一緒に居て、
彼女に私のことを、

“俺と初めて一緒に寝てくれた人(笑)”

って言った。

言い表すことが出来ないんだけど、無茶苦茶嬉しかった。
人通りの多い駅で、悪意のない、純粋な気持ちのお姉ちゃんって言葉を聞けた気がする。
ぶっちゃけ血なんて関係ないだろうとも思った。


ただ、私はその添い寝が最初で最後の喪女なのが嘆かわしい。


posted by moge at 22:05 | Comment(11) | もてない女


この記事へのコメント
  1. 思い出のお姉さんだったんだな
    子供のころから年下と接するのが苦手だったから憧れる
    Posted by at 2009年02月19日 22:32
  2. 二人ともかわいいぜ
    Posted by at 2009年02月20日 00:34
  3. なんかすごく感動した
    あったかくて切ないな!!
    Posted by at 2009年02月20日 01:18
  4. こらえていた涙が最後の言葉で決壊した

    何だかんだで喪女はオチを用意してくれるよね
    Posted by at 2009年02月20日 03:16
  5. 素敵でつ…
    喪女でも、少なくともその元男の子の中では優しいお姉ちゃんのままなんだな。
    いいなぁ…そんな素敵な思い出など何一つ無いツンドラ喪女でつ…
    Posted by at 2009年02月20日 06:24
  6. 永遠が、そこにある
    Posted by at 2009年02月20日 09:35
  7. ツンツンしている上にドラえもん体型だ・・と・・・?

    Posted by at 2009年02月20日 09:52
  8. 余談だがうちのフレンチブルは
    子供の頃に添い寝した2名以外には懐かなかった。
    家族であるか否か、一緒にいる時間が長いか否か、
    しつけに積極的だったか否か、それらはぜんぜん相関がなかったよ・・。

    Posted by   at 2009年02月20日 10:07
  9. 犬と子供の話が同列っすか
    Posted by   at 2009年02月20日 12:39
  10. むしろ小学生くらいのほうが男女関係無く
    遊んだりしてるよなぁ
    友達兄弟姉妹いっしょくたで
    Posted by at 2009年02月20日 13:29
  11. 米5はロシア人
    Posted by at 2009年02月20日 16:02
コメントを書く
※seesaaが重い時は反映されるまで時間がかかります。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ブログパーツ アクセスランキング ブログパーツ



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。