2011年10月08日

攻略メモ作るの楽しいいいい

チラシの裏@女向けゲー一般 229枚目
ttp://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/ggirl/1317548984/991
@女向けゲー一般

16 名無しって呼んでいいか? sage 2011/10/07(金) 22:26:36.74 ID:???
攻略メモ作るの楽しいいいい
GSとかコルダとかややこしいゲームは作りがいがあるわ
昔から授業のノートもいかに要点をまとめて綺麗にするかばっかり熱中してたなあ
時代物だと年号や地名調べて一人でホクホクしてたりとか
パラ上げなら効率のいい方法を探ったりとかいちいちややこしい楽しみ方をしてしまう
でも苦労したゲームは思い入れが出来るね








posted by moge at 22:10 | Comment(10) | チラ裏

自分の出演作を

チラシの裏@女向けゲー一般 229枚目
ttp://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/ggirl/1317548984/991
@女向けゲー一般

991 名無しって呼んでいいか? sage 2011/10/07(金) 21:34:44.33 ID:???
乙女ゲ出てる男性声優さんは自分の出演作をプレイすることはあるんだろうか
自分と同じ声のキャラを落とす時どんな気持ちになるんだろう…
posted by moge at 22:07 | Comment(8) | チラ裏

褐色肌に白銀髪ってのが萌える

チラシの裏@801板 三百九十八枚目
ttp://pele.bbspink.com/test/read.cgi/801/1317841848/354
@801板

354 風と木の名無しさん sage 2011/10/07(金) 22:34:06.18 ID:bvsBQfDw0
褐色肌に白銀髪ってのが萌える
色素の関係上、現実では生まれつきこの組み合わせは無いんだろうな
二次元ならではのカラーリングなんだろうが、肌も髪も美しく見える
人外ならなお良し
できるなら、角か牙が有れば最高です
posted by moge at 22:06 | Comment(45) | チラ裏

部屋で冬物の服を出してたら小さいおじさんが20〜30人出現。

まさか自分の身に起こるとは思わなかった事11
ttp://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1316204860/211
@喪女板

211 彼氏いない歴774年 sage 2011/10/06(木) 00:10:34.19 ID:cq3E86K5
部屋で冬物の服を出してたら小さいおじさんが20〜30人出現。
「がんばれー!がんばれー!」と声をかけられた。
ちなみに小さいおじさんはみんな濃紺のスーツで体長15センチほど。びっくりした。


212 彼氏いない歴774年 sage 2011/10/06(木) 00:32:51.59 ID:1h2gwnTI
>>211冗談抜きで私もそういう経験してみたい


213 彼氏いない歴774年 sage 2011/10/06(木) 00:53:57.79 ID:R5eIYveX
小さいおじさんの話はよく聞くけど小さいおばさんというのは聞いたことない
なんでみんなおじさんなんだろ?
ついでに七人の小人みたいなメルヘンなおじさんなのか
その辺にいる中年のおじさんの縮小版なのかも気になる


214 彼氏いない歴774年 2011/10/06(木) 00:56:03.02 ID:8drrFA7g
>>211
すげえwww
なんかその光景もすごく可愛いしw
ちなみに小さいおじさんって、心のすごく綺麗な人にしか見えないんだって!
おめでとう!
しかし、たいていの小さいおじさんはほぼ裸みたいな格好らしいけど
スーツってのは珍しいのかな?



こびとづかん カクレモモジリ
posted by moge at 19:56 | Comment(40) | もてない女

お前が好きなんだよっ、バカ!

*9が指定したカプ・シチュに*0が萌えるスレPart22
ttp://pele.bbspink.com/test/read.cgi/801/1312363613/279
@801板

279 風と木の名無しさん sage 2011/09/12(月) 13:16:30.69 ID:P9KNTaCy0
お前が好きなんだよっ、バカ!


280 風と木の名無しさん sage 2011/09/12(月) 22:03:29.30 ID:GnOw64Lo0
「お前が好きなんだよっ、バカ!」

裏返った大声と表のドアがたてた派手な音に驚いて顔を出すと、
ベテランバイト君がレジ前に立ちつくしていた。
ドアがまだ揺れている。……体当たりで開けたんじゃなかろうな。
うわー、他にお客さんいなくて助かった。

「杉浦君。杉浦くーん」

正面に回って声を掛ける。バイト君――杉浦君は、ようやく僕に気付いたようだ。
まだ口が半開きのままだけど。

「あ、店長……」
「今出てったお客さん、友達でしょ? あの子よく来てくれてる」

よね、と言い終わる前に、杉浦君がその場にしゃがみ込んだ。

「あ、ちょっと、大丈夫? ……喧嘩?」

……いくらなんでもあのセリフは店へのクレームじゃないだろう。

「ち、違うんです。喧嘩とかじゃ、なくて、急に」

椅子を引っ張ってきてなんとか座らせると、エプロンをきつく握りしめて震えている。

「体調悪いなら休憩する? 帰った方がいいかな。今日は僕一人でもなんとかなるよ」
「いえ、具合悪いわけじゃないです」

平気です、とは言うものの、顔はあからさまに真っ赤で目に涙が浮かんでいた。

「うーん。まあ少し休んで、落ち着いたら……」

次の瞬間、杉浦君が吠えた。

「俺が! ここでレジやってるって言ってから! 
 ……ずっと、来てくれるから、すごく、ここの弁当好きなんだと思って!
 お薦めは絶対買ってってくれるし、店長のハンバーグ、凄く褒めてたし!
 結構オマケとかしてるし!だから、ここの弁当……が、好きなんだと思って……!」

興奮しすぎたのかそこで言葉が途切れ、今度は頭を掻き毟っている。
あー。……うん。なんとなく事情が解った。ような気がする。

こういう場合、僕としてはどうするべきか。
非常に難しい問題なんだろうけど、まだガリガリやってる杉浦君の顔を見たら
これしか出てこなかった。

「やっぱり、今日はもう帰っていいよ。……早い方がいい」

エプロンも外さずに飛び出した杉浦君を見送って、念のためドアを点検する。
よし、大丈夫。
……何が目当てでも常連さんが増えるのはありがたい。
あの子はこれからも絶対来てくれる。

そう確信してしばらく一人でニヤニヤした。
posted by moge at 19:55 | Comment(13) | 801

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。