2010年12月01日

冬の朝は好きだ

チラシの裏@女向けゲー一般 173枚目
ttp://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/ggirl/1291031838/
@女向けゲー一般

35 名前:名無しって呼んでいいか?[sage] 投稿日:2010/11/30(火) 06:07:26 ID:???
冬の朝は好きだ
夜明け前の東の空はグラデーションがとても綺麗
明けの明星がダイヤのようだ
冷たい澄んだ空気が肌にピリピリ来るのも冬を感じて良い
遅刻の危険はあるが、もう一度布団にくるまって二度寝も悪くない
寒いけど良い季節だよ

うっひょー二度寝しちゃうぜええええええええええええ


posted by moge at 15:52 | Comment(9) | チラ裏

色ペンですげー丸つけてた

チラシの裏@801板 三百二十三枚目
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1291040371/
@801板

133 名前:風と木の名無しさん[sage] 投稿日:2010/11/30(火) 19:11:31 ID:PsmItUQJO
スタバでぼーっとしてたら
隣の外国人観光客2人がガイドブック広げて困ってたから声かけてみた

2人とも絶対行くのはアキバとブクロ
ブクロのところに「otome-road」って書いてあって色ペンですげー丸つけてた

京都にも行きたい、戦国武将にも興味あるっていってて
自分たちで作った各武将とゆかりの地をまとめた資料みたいなのを見てくれって
渡されたのは案の定バサラだの無双キャラがあった

まぁそうだよなと思いつつページめくったら
越後の龍だけ長髪の元マリスミゼルの人の画像だった
違和感なさすぎてくてうっかりとおりすぎる所だった
posted by moge at 00:54 | Comment(12) | チラ裏

冷静であった

乙女&BLゲームでのうわあぁぁぁぁぁ8
ttp://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/ggirl/1287891817/
@女向けゲー一般

369 名前:名無しって呼んでいいか?[sage] 投稿日:2010/11/30(火) 19:11:27 ID:???
父親を車で送迎中、信号待ちの車内の事だった。

会話もなくシーンとした車でいきなり後部座席から

「神子様こちらを、貴女宛ての文を届けに参りましry」

と、約16秒さわやかな青年の声が車内に響きわたる。
一気に凍り付く車内だが父子の会話は冷静であった。

「何これ?」
「私の携帯だ、問題ない」

それ以上父は何も聞いてこなかった。


370 名前:名無しって呼んでいいか?[sage] 投稿日:2010/11/30(火) 19:45:00 ID:???
>「私の携帯だ、問題ない」
冷静過ぎてワロタw


371 名前:名無しって呼んでいいか?[sage] 投稿日:2010/11/30(火) 20:55:21 ID:???
冷静過ぎだけど問題あるだろwwww



ものごとに動じない人の習慣術 (KAWADE夢新書)

posted by moge at 00:53 | Comment(19) | 女向けゲー一般

口を開くと最初に出るのは

喪女のあるある9アル
ttp://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1287055254/
@喪女板

633 名前:彼氏いない歴774年[] 投稿日:2010/11/28(日) 21:39:12 ID:Faw/mzfz
口を開くと最初に出るのは

「あっ、」
「えっ、」
「あの、」
「えっと、」

すぐに
「すみません」
と謝ってしまう。
相手が一方的に悪い場合も
「すみません」と言われるとつい自分も
「あっ、すみません」
と言ってしまう。

店員に偉そうな人って嫌だなと思い、店員さんに対しても丁寧な対応を心がけていて
脳内では爽やかな笑顔で丁寧でスマートに対応出来ているが
実際は腰が低すぎて逆におかしなことになっている。
posted by moge at 00:50 | Comment(13) | もてない女

厨の王道だよね…でも好き。

★わかっちゃいるんだが萌えてしまう厨設定★11厨め
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1250673541/
@801板

844 名前:風と木の名無しさん[sage] 投稿日:2010/11/30(火) 17:55:06 ID:X9iZuTSl0
年上従×年下主…最初で最後の一夜…厨の王道だよね…でも好き。

従は主の幼少の頃から一番近くにいて、常に主を守る立場。
主は自らの使命のため、果敢に戦っている。自我を殺し、感情を表に出すことはない。
従はそんな主に心酔しているが、一方でどうしようもなく惹かれてもいる。

ある時、戦で強敵から主を庇い、従は片足を失う。
一命は取り留めるものの、この体では、もはや自分の務めを果たすことはできない。
なんとか動けるまでに回復した従は、職を辞して故郷に帰ることを主に願い出る。

「よろしい。ただし一晩待て。出立は明日の朝にしろ。」

その晩、小姓を下がらせ、主は従の部屋に向かう。
驚く従に、主は、自分を抱くように命じる。
「今のお前なら、私にでも押し倒せるぞ。」
冗談口とは裏腹の、主の瞳の奥の切実な光を見て、従は奇跡が起きたことを悟る。

…本当はこの後の「再会編」のが萌えるんだけどね。
posted by moge at 00:48 | Comment(10) | 801

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。