2010年11月16日

テンション調整つまみ

喪女のあるある9アル
ttp://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1287055254/
@喪女板

513 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 20:27:38 ID:oUm9G8bK
テンション調整つまみが高と低の二段階しかない
低が基本だが稀にこれでは愛想悪いかなと思って高に上げる事がある
そしてたいてい引かれる


posted by moge at 23:23 | Comment(23) | もてない女

恋ではなくて…そう『MOE』なんだ!

チラシの裏@801板 三百二十枚目
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1289834338/
@801板

45 名前:風と木の名無しさん[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 15:45:25 ID:YYK257210
ねぇ、『萌え』って何?食べ物?それとも飲み物?それとも人?
萌えてるときってなんか心が満たされてお腹がいっぱいになるんだ。
誰にも見せない笑顔になれるし、なんか凄い心が満たされる。

あ、もしかしたら萌えって人なのかもしれない。
私の恋人なのかもしれない、いや、伴侶なのかもしれない。

『萌え』と出会って十数年…。
どんなに辛いことがあっても『萌え』があると乗り越えられたし、生きてこれた。
そして今もそうだ。あ、もしかしたら友達とか恋人とかじゃなくて、私の母なる
大地なのかもしれない。

男二人話しているのを見てるだけで心拍数が上がるんだ。
その心拍数が上がってる時がまさに『萌え』。

恋ではなくて…そう『MOE』なんだ!

『萌え』という事場を知ったときは感動したよ、この胸の高鳴りに
名前があったなんて知らなかったから、凄い感動したんだ!

これから一生付き合っていく『萌え』。
いかなるときも悩めるときも私の傍にいるのは彼氏や旦那や家族ではなく『萌え』。

これからもずっと一緒にいようね!
萌え万歳!MOE万歳!我人生『萌え』あり!



MOE (モエ) 2010年 12月号 [雑誌]
posted by moge at 23:21 | Comment(10) | チラ裏

道を歩いていてすぐ猫に感付く人がいる

チラシの裏@801板 三百二十枚目
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1289834338/
@801板

113 名前:風と木の名無しさん[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 22:05:52 ID:LI3VpZI+0
道を歩いていてすぐ猫に感付く人がいる
無意識でも猫を探している猫好きだからこそ、
探していない人に比べて発見率がめちゃめちゃ高いんだと思う
それと同じで、801的な萌えにすぐ感付けるようになりたいと思う
この寒い中、街なかを半ズボンで友達と走り回ってる小学生
コンビニ前でふざけながら何かひそひそ囁きあってる男子高校生
永田町で電車を降りていく知的なインテリメガネのスーツ男性
神保町のお洒落な花屋の前でテレながら店員に花を選んでもらっている老紳士
あとから思い出すとそれはすごく素敵なワンシーンなんだが、
悲しいかな、自分の仕事で頭がいっぱいな時がほとんどで、
それらの萌えにリアルタイムで気付く事がない
それともアレか?仕事で疲弊しきっていて、
そんなシーンを見たように脳が勝手に想い出を作っているのか?
この髪が抜けるような仕事によるストレスから現実逃避させるべく、
脳が色んなモンをどぱどぱ分泌して自分に無理矢理見させている夢なのか?
…まあ夢でもいいんだけど
常日頃から何にでも萌えられるような、
心にも時間にも余裕のある人生を送りたいもんだ
posted by moge at 23:17 | Comment(6) | チラ裏

舞台は勇者ご一行が魔王を倒したあと

チラシの裏 五枚目
http://www2.atchs.jp/test/read.cgi/moge/69/
@喪ゲ女BBS

726 名前: 喪ゲ名無しさん 2010/11/16(火) 08:20:30 [sage]
妹からRPGを借りてプレイするという夢を見た。

舞台は勇者ご一行が魔王を倒したあと。
ことの真相は、神の仕事に飽いた神が、自分を倒した奴に
神をやってもらおうと魔王化したってことらしい。

このナレーションのバックでずっと、何か研究ノートとかが
燃やされてるムービーが流れて「?」と思っていた。

そんなわけで神となった勇者ご一行は天界で神様やっていた。
メンバーは、勇者(ガテン系脳筋気味)、魔法使い兼武道家(ツンデレ美人)、
戦士(田舎者大男)、賢者(天才ショタかボクっ娘、どっちかわかんなかった)。
勇者は魔法使いとちょっといい感じ。

ある日、世界をよくするには過去から変えるべきと賢者が言いだし、過去の人間に
憑依できる薬を開発。とりあえず勇者が実験することになる。

が、憑依しても肉体は天界に残るはずが、勇者は肉体ごと過去に飛ばされてしまう。
「責任を取る」と賢者も薬を飲んで過去へ向かう。

と、ここで賢者の野望が語られる。

勇者に恋心を抱いていた賢者は、このままでは魔法使いから勇者の目を逸らす事は
できないと判断し、魔法使いのいない過去の世界で勇者と恋仲になるべく、
薬の開発に使用した研究データを全て破棄したうえで今回の計画を実行したのである。

続きが気になるんだけど、ここで目が覚めたので何ともし難い。
posted by moge at 23:14 | Comment(7) | 喪ゲ女BBS

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。