2010年09月03日

何度生まれ変わっても

801板〜ネタ振り・雑談スレ〜その269
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1283294778/
@801板

61 名前:風と木の名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/03(金) 00:57:48 ID:mCcn58go0
+/)      /)、
/γ ィユ、   ///) 
ミ( (^ω^)  lニ//) スレ住人たちよ…
ミヽ ||  + / 三_/  お前たちは何度生まれ変わっても腐女子なのです…
ミニヽ || +//ニ_〉
ヾニヽ|ヽ// ニ_ノ +
+ヽニ |   _≡_ノ+ *
+`ーヽ_="__ +
 + * EEiQQー-、ヽ
  + * iEiQ Q +
   + 朋 Q @
    カカ @


posted by moge at 22:27 | Comment(37) | 801

異性と会話→挙動不審になる喪女

異性と会話→挙動不審になる喪女
ttp://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1269351539/

1 :彼氏いない歴774年:2010/03/23(火) 22:38:59 ID:asBJXktt
せめて普通に会話がしたい
 
ツヅキアル\(^o^)/オワテナイ
posted by moge at 22:19 | Comment(32) | もてない女

本当に自分に話し掛けているのか

【会話が】コミュ力について3【続かない】
ttp://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/wmotenai/1266321311/
@喪女板

953 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2010/08/26(木) 22:30:44 ID:k+IbTLp8
自分が話し掛けられたと思ったら違ってた、というトラウマから
本当に自分に話し掛けているのか、まわりに人は居ないかと
考えてるうちにシカトっぽくなってしまう事が多々ある

あえて聞こえないふりをして、もう一度話し掛けられたら
確実だろうという保険を掛けてしまうことも
逆に本当にまったく気付かず堂々とシカトしてるように見られて
微妙な空気にハッとしたり

脳みそのどっかが切れてるとしか思えない
posted by moge at 00:47 | Comment(27) | もてない女

「お兄ちゃん」

「あ、ほも」と呟いた瞬間。17
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1280847181/
@801板

135 名前:風と木の名無しさん[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 10:20:33 ID:NhVCbo95O
親戚に四人兄弟がいるんだが、そいつらの間であったプチあほも。

A 長男 若干長めの茶髪、二重で睫毛長い美形。身長160そこそこ
B 次男 黒髪眼鏡で無口。身長180くらいの細身。
C 三男 黒髪ツンツン、身長170後半くらい細マッチョ。
D 末弟 坊主、最近長男の身長抜かした。いじられキャラ。

下は上をそれぞれ名前の最初の二文字+『兄(にぃ)』で呼んでいる。

どんな会話からそうなったのかは覚えてないんだが、まったりテレビタイムにDが
D「B兄ってA兄しか兄ちゃんいないのになんでA兄って呼ぶの?」みたいなことを言い出した。

B「…別に、意味無いよ」
C「俺が生まれる前なんて呼んでたの?」
B「忘れた」
D「A兄A兄、なんて呼ばれてたの?」
A「えー覚えてねぇ…お兄ちゃんとかじゃん?」

C、Dなぜか大爆笑

C「B兄!お兄ちゃんって呼んでみてよ!」

B無反応、このままスルーで終わるかと思いきや、

A「呼ばねえの?」

と半笑いで言ったAの顔をBが両手でホールド。
鼻先がくっつくくらい近くまで寄って

B「お兄ちゃん」

と無表情で言い放った。
その後はAがびっくりして椅子ごとひっくり返り、CDが
腹を抱えて笑いまくりでめちゃくちゃ。

Bはお兄ちゃん呼びが気に入ったのか、その後キッチンで
飲み物出してたAの背後から腹に手を回して、耳元で「お兄ちゃん」って呼んでた。
Aはまたも驚いてパック牛乳をひっくり返し、全員からバッシング受けてた。

posted by moge at 00:43 | Comment(31) | なかよし

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。