2010年06月08日

本能寺の変が起こった年の覚え方

チラシの裏@801板 二百八十三枚目
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1275639942/l50
@801板

520 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/06/07(月) 01:04:32 ID:KQ7vEm0m0
本能寺の変が起こった年の覚え方

「信長のイチゴパンツ(1582)を狙う明智光秀」

エネッチケー教育、油断ならねえ…
歴女でもなければ戦国系ゲームもやらないアニメも見ない
自分だけど、イイなこれ
萌えないがオモロイ
きちんとしたオッサン(もちろんチョンマゲ)に描かれたギャグ漫画で、
この本能寺の変を読んでみたい


posted by moge at 00:56 | Comment(37) | チラ裏

滅びを予感する軍師

*9が指定したカプ・シチュに*0が萌えるスレPart19
ttp://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/801/1275614715/l50
@801板

19 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/06/06(日) 20:37:47 ID:nKWTrX33O
滅びを予感する軍師


20 名前: 風と木の名無しさん [sage] 投稿日: 2010/06/07(月) 04:41:21 ID:IZqsjBYh0
彼は暴君だった。
欲望のままに全てを欲しがり、手に入れたものを飽きては捨てる。
軍師である私は、この国を正しい方向に導く役目にも関わらず、国王の暴走を止められないまま国は荒れていくばかりだ。

この国はいずれ滅びる。
その責任は誰にあるのか、彼の欲しがるままに与えた私か、全てを欲しがり捨てる彼なのか。
いくら頭を悩ませようが、この国が母なる大地の怒りに触れるのは時間の問題だろう。
私ができる事は、せめてその時を遅らせる為に、この国を神の目を逸らす事くらいだ。


しかし今、王は私の制止も聞かずにその扉を開けようとしている。


「シュウ君、ふすま開けちゃ駄目!」
「や!」
「ふ・た・り・と・も!!なーにやってるのっ!」
「あ、ママあのね、いま二人でお片付けしようと思ってたの」
「こんなに散らかして!あー壁に落書きしちゃ駄目って言ってるでしょ!シュウ君、めっ!」
「うー……ごめんなしゃい……うわぁぁぁぁん」
「泣いても駄目っ!」
「ママ怒らないでシュウ君まだ小さいんだから!」
「お兄ちゃんも甘やかさないのっ!」


私は駄目な軍師だ。
彼の笑顔を見たい一心でこの国を築いてきたというのに……。
結末は暴走すら止める事が出来ず、崩壊を予感しながらも傍観している事しかできなかった。
そして今は泣き崩れる彼を見守る事しかできない。

せめて共に泣き、この国の残骸を拾い集めよう。
それが私にできる唯一の贖罪なのだから。
posted by moge at 00:53 | Comment(17) | 801

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。